忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[681] [680] [679] [678] [677] [676] [675] [674] [673] [672] [671]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昼食に生ビールを一杯。
帰りに買物を済ませ、ベッドに転がって気持ちよくなったところに
息子が「おい」と来る。見れば手に数学の問題集。
「無理です」
1、高校入試までは面倒みたが、高校の数学なんて出来ない。
2、酔いがほどよく回ってきて脳みそは既に寝ている。
「暗算でできるって」
「無理だ。書くもの持ってこい」と渋々起き上がる。
息子はペンだけ持ってくる。
「紙!」「余白でできるって」
しかし私は数学の問題は大きな紙に鉛筆(シャーペン不可)で
書き殴らないと駄目なんだ。仕方なくベッドを離れてテーブルへ。

なんだこれ こんなの知らない。習った覚えない。
30年前にはなかったのか、受験に無縁な私立だからなかったのか。
「足して2で割って出す平均値は
掛け合わせてルートをかけた数値以上になる」
これを用いてこの不等式が成り立つ事を証明せよ。

だけどさあ…
この単元でやるからこれを使うってすぐに思いつくけど
模擬テストとかで出題されても何を使えばいいのか
おそらくわかんないんじゃないか。
まあ どうせ息子は文系私立。
という考え方はよろしくないと分かっていて、でも面倒なんだ。
これを愉しいと思えない脳みそに何を言ったって無駄って気がする。

更に別の問題。
「二次関数は嫌いだって言ってるのに」
高校入試レベルの解き方で始めた。
二点を通る線の式ってやつ。だがわけの分からん式が出来上がった。
「うわ なんだこれ」と唸ったら
「どれどれ どこで引っ掛かってるのかなあ」と覗き込む。
思わず頭をはたく。それが教えてもらう者の台詞か!
「何やってんだよ! こんなやり方イマドキしないよ。公式あるだろ」
30年前からあるんだろうか?
その公式の理解を試みても仕方ないから数字を入れる。
要はそれで出来上がった式を整理できないだけなんだ 息子は。
それなら中学校レベルで解ける筈。

やれやれと思ったところに
今日は競馬をやらないと宣言していた旦那が
「おい ボーリングに行こう」と言い出す。
旦那は朝一番で5ゲーム投げて来ている。
まあ一日に二回ってのはこれまでにも何度かあったから
行ってくれるのは構わないが何で私を巻き込むか。

しかし旦那がいると勉強の邪魔。
一緒に出て行く。

結論。やっぱり私にはボーリングは合わない。

よれよれになって頭痛までしてきて
8時半就寝。
娘の帰宅は11時近かった…
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]