忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[686] [684] [682] [681] [680] [679] [678] [677] [676] [675] [674]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

洗濯を思いっきりやれないのは不満だが
のんびりできるんで そんなに嫌でもない。
テストも終わったし実家がらみの気掛かりも一個減ったんで
のったり過ごそう。

結界師の新刊が出た。
新刊を読んでも前の話が思い出せない。
結界師は息子が保管している。
部屋に入って机の下のマンガケースを引っ張り出し、探す。

こういう時思い出すのはデスノのライトくんの台詞である。
「掃除は自分でやるから勝手に部屋に入らないでよ」
息子の部屋からは
デスノートどころかエロ本さえも出てきそうにない。

唐突だが、昨日息子が急に
「ドバイに行っちゃうんだろうなあ。可愛いのになあ」と溜息をついた。
なんだ なんだ。どの芸能人だ。
「エスポワール」
「なにそれ」
「馬だわ」
馬? 馬の顔見分けつくんかい。
「可愛いんだって。走る姿がまた可愛いんだって。顔も可愛いけど」

その息子が旦那をカラオケに誘っておりました。
「ははあ 嵐の新曲が配信されたんだ」と笑ったら
「雨でどっこもいけんでだわ!」とムキになってた。

娘は課題で「英語の小説を週に最低一冊は読む」事になっている。
小説と言うよりは読本である。ダイジェスト版である。
先月は「秘密の花園」を読んでいた。
捲ってみたら私の好きなシーンはカットされていた。
(少年が狐にサンドイッチのベーコンを分けてやるとこ)
娘に感想を聞いたら
「後半 父と息子の感動話になっててシラけた」と言う。
むうう。主人公が明るくなっていく過程がすっとばされた感はある。
マーサに言われてなわとびを始めるとことか好きだったんだけどなあ。

「実話かどうか分からないけど」と娘が今読んでいる本の話をする。
英国のリチャードとかいう王子の。
リチャードとかヘンリーとかよく出てくる名前である。
いつの時代だろう。バラ戦争だとおいしいかな。
「そっくりのふたりが入れ替わろうって事になって…」
「それってあれだろ 王子と乞食じゃないの。有名な小説だよ」

翻訳されたものを読むのと
英語で書かれたダイジェスト版をいきなり読むのと
どっちがより原作に近いものに接した事になるのだろう。
まあ 全然読まないよりはいいけどね。
今度は愛の妖精借りてきてくれないかなあ。

テレビで母の日におかあさんにプレゼントを届ける話をやっていた。
旦那が子供たちにその女の子を褒めちぎって見せるが
「無駄だと思う。こいつら こんなお母さんだったら自分達もやるって
思ってる。私相手じゃ出来ねえよってさ」と言ったら
息子「当たり前だろ。ゲームやってる時点で終わってるって」と言った。

いいもんね。今日もレベル上げ頑張るもんっ。
めざせ イザナギ大神。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]