忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[155] [154] [153] [152] [151] [149] [148] [146] [145] [144] [143]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日夕方。病院から電話。
医師から話があるというので行く。

結果手術は延期となった。

まあその時は納得のいく理由があったわけだが
家に帰っていろいろ考え合わせたら段々腹が立ってきた。
母の、私たちに言っている事と病院側に言っている事と違う。
事実とも微妙に違っているのだろう。
都合のいい時はボケたふりで逃げるくせに、頭はしっかり回っている。
基本的には手術が嫌なので医師の問診や確認には事実を歪曲して答える。
あの医師の態度から憶測するに「あとにひけないから仕方ない」くらいな事を
母は言っているのだろう。
病院側はいつでもキャンセルできると言ってくれているが
こちらは入院前の状態その他考えて手術を決めたのだし
本人も検査の効果が薄れてきたことを自覚はしているのに
それを医師に明言しようとしない。
これではまるで父や私が悪者ではないか。

痴呆老人が他人の前ではしっかりするという話をよく聞くが
母の場合は痴呆のせいじゃない。もとからの性格だ。
家では一歩も歩けなかったくせに検査ではすたすた歩く。
椅子から立つたび大騒動するくせに検査では肘掛もない椅子から一秒で立つ。
何を訊いても「知らない 覚えてない」しか言わないくせに検査ではまともに答える。
リハビリでも何でも他人がいる時は頑張れるのだ。

週に一度リハビリ室で無理するより毎日自宅で地道に家事してればいいんだ。
何かというと「思うように動けない」と言い訳するが
違うだろ! あんたはもとから家事が嫌いなんだろ! やりたくないだけだろ!
他人さまが誉めてくれるときだけ動くんだろ!

でもって同情ひくのが上手い。
娘の私がこの年まで騙されてきたくらいだもん。
「おとうさんがお金くれないから」「おとうさんが協力してくれないから」
「おとうさんの身内がひどい人ばかりだから」「近所の人が」「町内会の人が」
それを全部真に受けて「かわいそう」と思って来た自分が可哀相だ。

私はもう騙されませんから。
せいぜい看護婦さんに同情してもらえるように頑張って下さい。

…いや そのまま置いておいて貰えるといいんですが。
帰されたらどうするでしょう?
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]