忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

頭痛はおさまった。よかったよかった。
でも腕は痛い。あれからまた傷が増えてるしな。
顔を合わせると喧嘩になるとラジカセ枕に寝ていたんだが
それはそれで気に入らんらしい。
んで売られた喧嘩は買ってあげなきゃいけないから
つかみ合い&蹴りあい(って靭帯はどうなったんだ)。

今日は娘は試合の応援。旦那の車で出ていった。
その後実家に行ったらベッドの移動を頼まれた。
以前に言っていた
リビングにある母親のベッドを別室に移せば
少しは父も母の存在から解放されるだろうという案。
ごろごろベッドの上で何もしないくせに
キッチンとリビングを往復するこちらの行動をじっと監視してるんだもん
あれが毎日だったら私なら気が狂うぜ?

てなわけで
母をショートスティに送り出すと
物置になっていた和室を片付け(大半がゴミだが捨てるのは我慢。
二階に上げたり押入れに押し込んだり)掃除機をかけて
父のベッドを移動。息子がいたので助かった。
今度は寝室を掃除してそこに母のベッドを運び込む。
最後にリビングのソファの配置を換えて完了。

リビングがすっきり広くなったよ!
ほこりを吸いまくってくしゃみが止まらんが、まあいいさ。

ベッドの下から先日の結婚式で貰ってきたバウムクーヘンの箱が出てきた。
「お前んとこに持って行くと言ったら 食べたいから置いておけって」と父。
こんなん切ったら半分は余るだろう。
だが母が執着しているのなら置いておくしかない。
父はもう持っていけと言ったが、断る。
こんなもので揉めるのもアホらしい。
先日も持ち帰った缶ジュースを返せと言われたもんなあ…
私が飲むんじゃない 孫が飲むんだけどなあ…
我が家の子たちはいつもお腹すかせているんだけど。

「一度郵便局も整理してこないと」と言うので
機械で簡単に記帳できるし50万までならカードでおろせるよと答えたら
「いや 自分で行きたがってるから」とぼそぼそ。
食事に誘っても嫌だというくせに! 金融なら行くんかいっ。
ボケ防止?
んでも欲ボケってのもあるよなあ…
「いいよ? 行く時言ってくれればつきあうよ」
「あとデパートの会費も幾つか満期になってるんだが」
解約しろよ 解約。
それも本人連れて行けというなら私は断るぞ。
私はデパートが苦手だ。
自分だけこっそり行っていた母が悪いんだからこれは仕方ないだろ?

娘にしても母にしても
現状を招いた自己責任というのを少しは考えて欲しい。
今不自由なのは誰のせいかということ。
それを回避する努力(注意)を怠ったのだから少しは我慢しろ!
なんであんたのために周囲が犠牲にならないかんのや!
銀行やデパートに行く気力があるのなら家事をやれ家事を!
洗濯ものを畳むとか、いっそ洗濯機の前まで歩くとか!
起き上がってご飯食べるとか! 

っていうと「鬼のような娘」って言われるんだ。
そうなのか?
PR

両親用のマンションの改装もやっと終わり
(といっても内容はたいしたことない。
急がないよと業者に言っておいたのと、追加があったので長引いただけ)
暑かった夏も終ったので「再来月までには引越しを」と言ったが
父は生返事であった。
「完全に引っ越さなくても 別宅のつもりで荷物を少し移したら」
と提案してみたが、
「もういい 好きに使ってくれ」と返って来た。

この半年の苦労は何だったのだろう。
でもいいの。あれは保険なの。
同居しなければ!という重圧から逃れたくて
折衷案として考えたものだから
あれがある限りは同居しなくてもいいの。
だからいいの。

と私は思うが
何度も休日を潰された旦那はそう簡単でもないらしい。

だけど無理に引っ越させても
何か問題がおきれば全部私のせいにされるし
そもそも問題がおきない筈がない。
デメリットはもともとあった。でもメリットと考え合わせ
みんなの為にそれ
(近くにマンションの部屋を買って 私が通う)
が一番だと決めた。
難点のない提案なんて人生にあるだろうか?
でもそれすらもきっと責められる。

だからいい。もうどうでも。

にしても。駐車場は解約するにしても
管理費とか積み立て費とかは毎月おちていく。
購入代金・改装費用など、一体幾らの損失になるのだろう。
投資対象になるような物件じゃない。

私は「どうせ親の金」と思い
親は「どうせ相続分が減るだけ」と思っているんだろう。

でもどうでもいい。もう今日と明日のことしか考えない。
 

昨日インターフォンが鳴るので出たら「郵便局の者です」だった。
「息子さんの学資保険の件で」
いや? うちは農協で入ってる。なんで郵便局?
訊き返すと書類を見直し、「でも確かにお宅の名前のなんですが」と言う。
ああ。実家の母親がなにやら入ったと言ってたっけ。
そういえば幼児期の入院の時保険金の受け取りで一悶着あったよ。

きけば「生存一時金」とやらで20万支給されると言う。
そのために証書と身分証明など揃えなければならない。
私が契約者になっているので私がやるのだ。
ちょうど午後通院付き添いのため実家に行ったのでその話をする。
「証書ならその箱の中だ」というので探す。
ついでにその20万円を振り込んでもらう私名義の通帳も探す。
ごそごそやっていたら
「それでその20万円どうしたの」とベッドから母が訊く。
はて。私20万円って金額言いましたっけ。まあ いいや。
「持って来てもらうとなると二度でまだから こっちの通帳に入れておく。
私の手元のだとごっちゃになっちゃうから」と答えた。
それで母は納得したようだが、
つまりは私の勝手にはならないという事かしら?

これまでも実家が掛けておいた保険で保険金を受け取った時は
ほぼ全額(端数くらいは診断書代としてもらったかも知れん)を
そのまま母に渡してきた。
しかし考えてみればそれでは何のための保険か分からんではないか。
母は「あんた達のため」って言うが、
名前こそ私だったり旦那だったり子供たちだったりするが
補償は全部実家にいくのだから全然助けになってないよ。

掛け捨てと比べて郵便局の簡易保険は手続きが面倒。
以前に息子で貰ったと書いたが、その時も
当然出ると思って出向いたら「これは対象外だ」ときっぱり言われ
そんな筈は!と窓口で喰いついたが聞き入れられず
頭にきたので本部に電話したが、そこでもやっぱり即却下の勢いで。
そんな馬鹿な!とあれやこれや並べ立てているうちに
「だって骨まで削ったんですよ?」と口走ったら
あっさり「ああ だったら支給されます」との返事だった。

こんなんじゃ農協でも交渉する羽目になるのかと出向いたら
そちらは既に病院に照会済みだった。
曰く「この症例では骨に触る場合があるので確認しました」って。

てなわけで。金額はさておきサービスの点では
郵便局は最下位なわけです。

まあそれはおいといて。
つまりそんな面倒な思いをしても保険金は手元に残らなかった。

一体誰の為の保険だったのだろう。
と今更に思うのだが、当時は母の「あんた達のため」を鵜呑みにして
ありがたいと思っていたのだから、仕方ない。

仕方ないけど、今回はもう気づいてしまったのだから
どうにもこうにもこの20万円素直に母に渡せないわけですよ。
かといって使う気にもなれない。
ホントは一部でも義妹に渡したいんだけどね。
私ら夫婦が私の実家にばかりかまけていられるのも
義妹が義父母の傍にいてくれるからなわけだからさ。

「散々探したけど どこにも診察券ないわよ」
と突然母が言った。
散々探すってベッドから動かない(動けないとちゃう)あんたに
どこに探せる場所があるんだ。
「診察券なら一枚私が持っているし もう一枚も保険証んとこにあるよ」
「ないないってあんたが言うから」
言ってねえよ! 前に私が持ち歩く分の診察券を寄越せと言ったから
これは必要だからって返事しただけだよ。
どうしてもって言うなら別に一枚あるでしょうと。
「大体 自分で何もしないんだから 必要ないでしょう。
邪魔だけど財布の中に入れておいた方が便利だからそうしてるんだけど?
クレジットカードじゃあるまいし 持ってたって一文の得にもならんわ」

そうなのだ。
どうして母のために私が持っているのに
なんでその名義が母のものだというだけで泥棒扱いされるんだ?
診察券に限った事じゃない。
実家のものを持ち出す時、それは100パーセント実家のためであるにも関わらず
何か咎められている気がする。
ゴミでさえチェックされていた(まだそこそこ動けていた頃)。

私が返したのは正論である筈だが、母は黙るのが嫌だったらしい。
「でも二枚目の診察券は私がお金を出して再発行してもらったんだから!」
…そう。以前になくしたと思ってもう一枚作ってもらった。だから二枚ある。
しかしそれが何だ? 誰のための診察券だよ!
お金を払って再発行して貰ったのは私のためじゃないし
お金を払っているからといってゴールド扱いされるわけでもないし
とにかく私は全く利益を得ていないんだよ! 好き好んで持ち歩いてねえよ!


リフォーム会社にハウスクリーニングも頼んだんら
床をきれいに磨き上げてくれた。
跡が残るだろうと思っていた箇所も丁寧に掃除してあった。
壁紙は張り替えたのだが薄暗く感じられた室内が、掃除後明るくなった。
頼んでよかった(まだ請求きてないけど)。

中途半端な改装になってしまったから見栄えはあまりよくない。
引っ越してきたら絶対難癖つけるんだろうなと今から憂鬱である。
まあお金をかけて完璧にしたらしたで「無駄遣い」って言われるんだから
何をどうしても同じなんだ。

車椅子を早く引けば「危ない」と言われ
ぎりぎりまで待てば「早くどかせ」と言われ
とにかく文句言わなきゃ気が済まないんだから此方が割り切るしかない
んだけどさあ。

はああ。今日もまたこれから実家である。
あのシーツの半分以上雑誌やお菓子で隠れているベッドを見る度
ムカつくやら情ないやら。
そもそも起き上がり補助のための電動ベッド。
あれでは起こせない。
(てかその状態で自力で起き上がれるという事は以前より痛くないという事で
本当ならば『ねたきり』の認定は受けられないはずなんだが…)


「私のぐうたらは自覚あるぐうたらだけど
あの人は自分のぐうたらを絶対認めない。だから崩しようがない」
ぐうたらしたいなら「私は頑張り屋」なんて言うな!
 

夢の中で母親が折れた。
着替えのTシャツを用意していたら別のが欲しいと言った。
「欲しいから買ってきて と言うのなら買って来るよ」と応えた。

他人の為の買い物は迷うけれど嫌いじゃない。
私はシニア向けの服が好きだから自分で着れないのを
結構愉しんで選べる。
(サイズがでかいのが難といえば難だが 選択範囲が狭いのも嫌いじゃない)

でも何度も嫌な目にあったから頼まれるまで二度と買わないと決めたんだ。

夢の中で母は「じゃ 頼める?」と言った。「悪いね」と。
他にも何かして欲しい事を「そうしてくれると助かる」と並べた。
夢の中で私は喜んで「いいよ」と言った。
目が覚めた瞬間はすごく晴れ晴れした気分だった。
けどそれは夢であって現実じゃない。

ショートスティ先から電話があった。
痛み止めをいつ使用するかという問い合わせだった。
こちらにそんな電話があった事はかつてない。
理想は正午前後だが、その日の体調でアバウトになってる筈だし?
「実家の方は通じませんでしたか?」と何気に訊いたら
すごく困った声で「そうですね。そちらが先ですよね」と言った。

ああ。母親がこちらにかけろと言い張ったのだ。
私を信頼してのことじゃない。
「娘がうるさい」とか何とか施設の人に言いたくてそうしたのだ。
私が何を言っても聞く気なんかないくせに。

先日の通院の際に医師や看護婦に言われた事も全く実行していない。
結局自分に都合のいい事しか受け容れないのだ。
耳に痛い話はブロック。
それでいて「私は頑張り屋だ」と言い張る。一日中ごろごろ寝ている人のどこが?

夢の中で母親は病院で一生懸命立とうとしていた。

目が覚めて数秒後 「夢か」と思った時の無気力感、たまんない。
 

忍者ブログ [PR]