忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

引渡し後改装が済んでもすぐには引っ越せないと父が言い出す。
母親の状態が分からないからだと。

現在母親は殆ど歩けない。痛いからと歩こうとしない。
秋の入院騒動の時もいろいろ検査して何も出なくて
(水頭症の可能性まで考えて転院もしたが)
今度は別のところが痛いと訴えるのだが、やはり何も出ない。
これで「痛くて動けない」は三回目だから医師も呆れているんじゃないか。
医師以上にこっちが呆れている。
「ちょっと痛い」の段階で動かないようになるから
その箇所が固まってしまい、さらには筋力が落ちて負担が増える。
痛いからますます動かない。多分悪循環なのだろう。
出来るだけ温めて動かすようにしなきゃ。
風呂や布団の中でリハビリの時にやった運動をやらなきゃ。
とにかく冷やさないようにしなきゃ。
だが何を言っても「この痛みは違う」の一点張り。

痛い痛いと呻いているから掃除機の音も煩わしいかなあと
中止して「また来るからね」と帰ろうとしたら
「さっき預けた財布 置いていってよ」と言われた。

……
痛いんじゃないのか。
仮にその財布をうっかり持ち帰ったからといって何だよ。
また明日ねって言ってるじゃんよ。
ねこばばするわけないし、したところでたいした金額じゃない。
ものすごく痛いならそんな事どうでもよくなるもんじゃないのか。

痛いと言いながら駐車場の出納帳を開いて確認を始める。
父は溜息をついている。
そりゃ母親名義の土地だけどさ。

いくら痛いって訴えられたって親身になれないよ。
少しでも楽になるようにってこっちがやった事全部否定されてさ。
「痛いって言って気をひきたいだけなんじゃないの」って喉まで出てる。
無意識であってもその傾向は絶対にあると思うのよ。
若い療法士さんにいじって貰っている時は元気なんだから。

PR

実家の両親に近くに引っ越して来てもらう話。
父親が想像以上に乗り気で。
同居した場合に起こり得る問題の数々を考えていてくれたんだと
ちょっとばかり安堵し、父を見直したのだが
そうではなかった。
交通の便が良くなり、さらには私をいつでも呼び出せるという利点から
「気軽に遊びに出られる」と考えたのだ。
若い頃散々遊んで、まだ遊びたいのかなあ。
でもって私が「私の娯楽なんて全部家の中だよ」と言うと
夫婦揃って「主婦とはそういうものだ」って返す。
ゴルフもライオンズのクリスマス会も私には楽しむ権利ないってさ。
まあ別にいいんだけどね。どうせ私は準おたく。いいんだけど。

しかしそうなると、この決定を真剣に考え悩んでいるのは私だけって事になる。
将来のことを見据え、これが一番いい道だろうと思いつつ
でも自分がそうしたいからそう思い込もうとしているだけかもとぐるぐるして
それを父親が「ああ それがいい」と言ってくれたから安心したのに
ただその理由が「遊びたい」となると(さすがにまあそれだけという事はないと思うが)
ずしっと選択の責任が肩に圧し掛かってくるではないか。

とにかくあの地域、あの家での同居は避けたいという気持ちが
他の問題を見落としているのではないかと何度も考える。
旦那は「先の事を考えても仕方ないぞ。今こうしたいという気持ちを優先しろ」と言う。
確かにそうなんだ。
今我慢して先に報われたならいいけど、どうなるかなんて分からない。
だったらせめて今 望むとおりにした方がいい。

なんだけどなあ。
なんにしてもなんで私ばっか悩まなければならないのか。

そうそう。
両親はどちらも「自分の方が長生きする」と決めている。
相手を置いていけないという気持ちじゃないよ。
私は利己的な理由で旦那より先に死にたいと思うんだが
二十年もしたら変わるんかしら?

父に頼まれて不動産会社に電話。
一応見当つけておいた物件と周辺での他物件の有無について。
バリアフリー化が可能かどうかの確認も。
その不動産会社はもともとそのマンションの分譲販売をしたところの関連。
設計図とかも簡単に入手できそうなものなのに
「改装業者でないと分からないそうです」との回答。
改装打ち合わせなんか普通購入してからだろうに。それじゃあ遅いって!
まあ万が一不可能でも別にいいだろうと思いつつも
管理会社に「過去にリフォームを請け負った会社を紹介して欲しい」って
問い合わせたら、いろいろ親身に聞いてくれて
「出来るかどうかこちらで確認できるはずだ」と電話してくれた。
したらば構造的に水回りの段差解消は不可能だそうだ。
分譲会社と仲介業者と管理事務所は全部系列会社だ。
管理事務所が電話してくれた先も同じ不動産の別支社っぽい。

なんかあったまくるなあ!
売りたいのは分かるけど安い買い物じゃないだろ。
騙されるのが馬鹿ってか。
でも二流の商社を相手にしているんじゃないんだもん。信用するよ!
仮に本当に調べられなかったとしてもそれは怠慢だろうに。

この調子で改装業者とも渡り合わないといけないのかと思うと憂鬱だ。

その上他にもごちゃごちゃごちゃごちゃ。
もう投げたくなってきたぞ。

先日考えたマンションの件を父親に言ってみた。
通院の付き添いに行った時。

今日宅配給食のパンフなど持って実家に行ったら
「適当な物件はあるのか」と訊かれた。
チェックしておいた不動産屋の広告を見せる。

父と家族が外食に出ている間に母に訊いてみた。
あまり乗り気ではないが、表立っての反対もしない。
まあ いつもの事だ。
そして決まってからお金を出し渋ったり文句を言ったりする。
少しでも問題が起きたら「そらみた事か」と言うのだ。

だが旦那は言った。
「仮に同居しても 言われるんだ。ならこちらの希望どおりにして言われた方がまし」

確かに。

そしてそれは自分の責任で動くということでもあるんだ。


宅配サービスの会社に電話しておく。
とりあえず試験的に週二回。
「どうするの?」と確かめても「頼みたい」という明確な返事はしてこない。
これもいつものこと。
別に頼んだからといって私が得するわけでも損するわけでもない。
コントロールが難しいというから探しただけなのに。


帰りに傘を買う。
母の通院に付き添った時、病院に置き忘れそれっきりなくしてしまって
何度か売り場を探したのだけれど気に入ったのが見つからなかった。
先日自転車で買い物に行った時、小物を扱っている店で見かけた。
売れてしまったかなと思いながら見に行ったら残っていた。
1900円。
…うん。1900円。たかだかその程度の買い物がなかなか出来なかった。

マンション… 最低でも1000万円。それに手数料その他がつき
更には改装費用、引越し費用、その他もろもろ。傘の一万倍の出費。
ストレスは何倍なんだろう。

親との同居が憂鬱で憂鬱で
まだ少し先のことなのだけど(その前に息子の高校受験だ!)
その時の事、その先の事を考えただけで
私の人生終った みたいな気になって落ち込んでいた。

これは前から「そうだったらまだましだ」と考えていた案なのだけど
実家を改装して同居するのではなく
こちらの近くに新しくマンションを買って私が往復する
という形であれば衝突も負担も少ないんじゃないか。
実家の建物を改装するには一千万は必要だろうし
その後の維持コストも馬鹿にならない、光熱費も相当なものになる。
それくらいなら2LDKくらいのマンション買って改装した方が経済だ。
子供たちが大学に上がったら両親と入れ替わらせてもいい。

でも親を今住んでいる土地から引き離す事は出来ないし
実家を維持しつつ新しくマンションを所有というのは無駄がありすぎる
と胸中で却下していたのだが
年明けに父親が、多分脅し半分なのだろうが
「実家を処分して 介護付マンションに移る」という事を言い出した。
という事はあの家に、あの土地に未練はないんだ。
だったら売却したお金で部屋も改装費用も全部まかなえる!
こっちの引越し費用も労力も要らない。
あのややこしい地域での近所付き合いに悩まなくてもいい
マンションから一戸建てへの環境変化で苦しまなくてもいい
母親に監視されている苦痛もない。
父親の身勝手への苛立ちも軽減される(何が嫌って作った食事を残される事なんだよ)。
悩みの大半は解消されるではないか!

こうしてみると親の介護そのものはそれ程に重荷じゃないんだ。
そう気づいたら罪の意識まで消えた。

たとえ脅しだろうが大人が一度口にした事だ。言質にとっていいだろう。
それにそれがお互いにとって最善の道だと思うんだ。
肉親の情に薄い人間に我慢を強いられる共同生活は無理なんだって!
子供たちの夜10時過ぎの喧騒に両親が耐えられるとは思えない。
両親が家計を私に任せるとも思えない。
「スープの冷めない距離」ってたとえは真理なんだよ。


とまあ。
この楽観が続く事を祈ってる。


忍者ブログ [PR]