忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[517] [516] [515] [514] [513] [512] [511] [510] [509] [508] [507]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
朝ご飯を食べながら携帯の電源を入れた息子。
「何ですと?」と声を上げ、「おかあさん」と呼ぶ。
なんですか。
「スーツ だって」
はあ?

学園祭の出し物に必要なんだそうだ。
「そんなもん あるわけない」
「お父さんの」 ああ そうか。身長的には合うな。
身長的にはな。ウエストは軽く10センチ違うぞ。
ダークがいいと言うから古いのは冬服しかない。
グレイの夏物。比較的新しいからウエストもその分太い。
半袖のカッター。ネクタイ。
「ネクタイの結び方も覚えないかんぞ」
「先生が知ってるだろ」
…担任独身の女の、しかも若い先生じゃん…
そりゃまあ 私も結び方を覚えたのは確か学園祭だったから
先生が結べても不思議じゃないけど
あんた先生にやってもらう勇気あるんかね?

ウエストをベルトで締め上げ、上着を着る。
なんとかなるか。
ネクタイの結び方を教える。

息子の学校は学ランだから
これが初のスーツ(一応卒業式でブレザーは着ているが)
(あ 七五三でも着たか)
とにかくそれなりの年齢になってからの初スーツになる。
なかなかによかった。
童顔リーマンな感じで萌えた。

初学ランの時も騒いだが
初スーツも興奮させてもらった。
ゆっくり鑑賞できないのが残念だった。

や。思ったより似合ってたよ 息子。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]