忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1041] [1040] [1039] [1038] [1037] [1036] [1035] [1034] [1033] [1032] [1031]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
私は殆ど味噌汁を作らない。
と友達に言ったら呆れられた。
豚汁と、あさりとかしじみの味噌汁くらいしかやらない。
汁気が欲しいなと思う時はインスタント味噌汁である。

部活がなくなって食欲減退の息子。
ある日突然「明日の朝ご飯は味噌汁がいい」と言った。
朝起きてきたので(インスタント用に)お湯を沸かし始めたら
「お母さんの味噌汁が飲みたいって言ったんだ!」とそれを止めた。
いいい? 『私の』味噌汁なんてありましたっけ。

前日か前々日かにビデオで「こうこうせいレストラン」を見ていた。
女生徒の亡きお母さんの味噌汁の味というのが出ていた そういえば。
それを見ながら私は「味噌汁の味なんてそんなに個性出るものか?
大体が一定しないじゃないか? 作るたびに味が違うぞ」と呟いた。

朝は弁当づくりに忙しいし、息子以外基本パン食である。
ので夕食に添える事にした。
小口ネギ用に細いのも買って来た。新しい包丁でよかった。
昨日は大根の味噌汁にした。
あわせ味噌でやったんだが甘かったのでインスタントの赤味噌を足した。
息子が「うめえ。味噌汁ってこんな美味しいものだったっけ」とおかわりし
「明日の朝もこれにしてな」と言った。

私も一応飲んだけど、別においしいとも思わない。

もともと味噌汁の味って分からないのである。
外食の時も他の家族が「ここのは旨い」と言っても
なにがどう違うのか分からん。
作っていて味見しても「濃いかなあ? いいかなあ」ぐらいで
食卓に出してから苦情を受ける事もある。

トラウマもある。
初めて作った味噌汁を「犬の餌」にされた。

しかしまあ息子が飽きるまでつきあってやってもいいかな。
もしかしたらその間に「お母さんの味」が出来あがるかも
……というのは有り得ないけど。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]