忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1040] [1039] [1038] [1037] [1036] [1035] [1034] [1033] [1032] [1031] [1030]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
やさぐれております。

主婦というのは家の中を過ごしやすい環境に整え
かつ家族間の関係をよりよく保つ役割を担うと考えております。

掃除洗濯。食事作りもそうだわね。
料理の腕がコレだから まあよい主婦とはいえないけれど
毎朝せっせと弁当を作り、冷凍ものは穴埋め程度にしようと頑張ってる。
夕食だって下手すりゃ一日三度。どうせ別々ならメニューも別。

掃除は好きじゃないから 出来るだけきれいに保つようにしている。
矛盾しているようだが、きれいにしていたら毎日の掃除が楽なんだ。
難しいことじゃないだろ。
出したものは使い終わったらすぐ元の場所に戻す。
ゴミと判断したものはその場でゴミ箱に入れる。
要るかも知れないと思うなら分類して片付ける。

実家に行くとどこもゴミの山である。
庭で探し物をして、うんざりした。
数年前窓ガラスを磨く時に、ベランダ付近のがらくたを片付けようとした。
当時まだ動いていた母が自分でやるからそのままにしておけと言った。
二階だってそうだ。
父が同居を仄めかすから、じゃその準備として二階の荷物を整理しよう
と提言したら母に却下された。

で? 結局何もしない 何も片付けないまま、ベッドでごろごろしている。
自ら望んで寝たきりになっている。何もしないでいいから。
そしてゴミの山はそのままになっている。

見ると腹が立つから視界に入れないようにしている。
母と顔を合わせる事も今あまりないから何とか過ぎている。

しかしである。
私が住んでいるこのマンション!
それすらも思い通りにいかない。
必要だと思うなら部屋で保管しろ。
不要になったメモはその場で始末しろ。
少し油断しただけで私の居住スペースである筈のパソ部屋が
娘や旦那の紙くずに占拠される。
そしてそのゴミに必要な書類が紛れ込む。

きいいいいいいっ!

両手に持って、べしっと箱にぶち込む。
両手に抱えてそれぞれの部屋に放り込みに行く。
最初はそれで溜飲を下げていたが、それすらも面倒になってきた。

捨てろと言うと嫌だと言う。
だが最終的には私が始末する事になる。
実家の母とさして違わん。
自分で最後までやり通す責任がないから、要不要の見極めもせず
適当に積んでおけるんだ。

洗濯。
このくそ天気が悪い時に重ね着なんかするな!
無駄にタオルを使うな!
どたまにきたので手洗い表示をタオルと一緒に洗濯機にぶち込んでやった。

んでもってな。
旦那のあほがボーリングウェアを通販で買った。
紺地。要アイロン。おまけに最初の洗濯でボタンが三個落ちた。
一回目は一枚だけで洗ったが、それでも生地が埃っぽく見える。
ガムテープでぺたぺたやってアイロンで皺を伸ばし
紺色の糸がなかったので全部のボタンを臙脂色で付け直す。
ボタンはともかくアイロンなんか一回着たら終わりである。

誰がかけてやるもんか!


以上物理的対処だが、それ以上に報われないのが精神的ケアである。
お互いの不満を最小限に抑えるようにあれこれ画策する。
それがうまくはまったところで何も起きない。
そうだわね。何も起きないようにするためにやってるんだから。
少しズレると事が勃発する。裏目に出る時もある。
行きたくもない野原に、家族のための花を探しに行って地雷を踏むようなものだ。


あああ。一人暮らしがしたいっ!
自分のためにだけ家事をして
自分のことだけ考えて
いい結果も悪い結果も自分で納得して受け容れて
明日は何をしようかと考えながら布団に入る。

なーんにもない部屋で。

ベッドとパソコン。服や雑貨はクローゼットに収納できるだけ。
背の低い本棚を壁際に置く。
フローリングの床におそうじロボタン。名前をつける。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]