忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105] [1104] [1103] [1102] [1101]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
だああああ! 捨てたい捨てたい捨てたぁい!

娘の引き出しを整理する。まあ出てくる出てくる。
記憶にないTシャツ、ずっと昔に買ったやつ、色が出ちゃってる服。
「キャミとシャツがない」と何度も買物に行ったのだが
だったらこのTシャツの山はなんだ!
買った事を怒ってるんじゃない。向こうで着潰すつもりでも
持っていく気になれないほどの代物ならさっさと捨てろ。
一年も二年も着ない服なんて置いておいても仕方ないだろ。
6割を占めるどうでもいい服のせいでお気に入りが皺になるんだぞ。

同じ事を母親に何度も言った。
だが絶対に着ない服でさえ捨てさせてくれない。

ものを捨てるには決断を要する。
捨てた途端それが必要になることだって勿論ある。
だがその確率を想定し、それの低いものから捨てていくしかない。
「いつか使う」「誰かが使う」と溜め込むのは容易だ。
これは決して倹約とかエコとかと違う。ただの怠慢だ。

必要なものを見極める。そこから外れたものを処分する。
母も娘も
この思考過程、決断に要する気力、それらから逃げているに過ぎない。

そして築き上げたゴミの山の始末を自分でつけるかというと
娘はこれからの課題としても
母にはその可能性は全くない。
ゴミのみならず全ての問題の尻拭いは私である。
平気で押し付けられるから、目を背けていられる。
責任もとれない言葉を平気で吐く。

娘の部屋を片付けながら、
意図して忘れていた母への怒りが込み上げる。

あああ。丸ごと捨てたい!


ところで。
昨日の日記に書いた「母の衣類を買った」件について。
私とて一応ヘルパー講習の受講生だから
年配者が古い持ち物に執着するとか、馴染んだものしか身につけたがらないとか
ちゃんと知っている。
相手が利用者さんなら私は黙って従うだろう。
通院付き添いだって、こぎったない格好だろうとなんだろうと傍にいるだろう。

私が新しい服を着ていると「どこで買ったの」と訊く。
そこらのSCのバーゲン品である。娘のおふるだったりもする。
「上手に見つけて来るんだねえ」と言う。
だったら私が選んだ服を着たっていいじゃないかと思う。

姑や利用者さんとは昔の確執はない。
だが実の母に関しては、幼い頃からのこと全部が頭の中に詰まってる。
私の宝物を棚からわざわざ引っ張り出して捨てた母の
ごみの数々まで尊重する気にはどうしてもなれない。
私に恥をかかせるような仕打ちをしてきた母の体面を
それでも以前はそれなりに繕ってきたけれど
正直もうどうでもよくなった。

私は心が狭い。人間が小さい。性格が悪い。
だが母ほどじゃないとは思うぜ。ふんっ!
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
・・・
なんだかあれですね、お母上、お嬢さんと
身内の女性ととても相性が悪いようですね。
そんな状況だと、しんから落ち着くことが、とても難しそうに思えます。
shinさんは小説を書いているということですが、その時間がきっとshinさんにとっての一番楽しい時間なんでしょうね。
ちなみに私の母も衣類で私を悩ませましたが、認知症になって、衣類どころかすべて私の管理になりました。
ほぼ捨てました。でも捨てるのも悲しいですよ。
なにより労力がすごく必要です。
ただ私はその経験から自分の意識と体力があるうちに、自分の持ち物を少なくして行こうと実行しています。
子供に荷物で迷惑かけるのはしのびないので。
ちやこ URL 2011.08.24[Wed]15:41:17 編集
白雪姫なんです 私 (?)
娘はね まだこれからだし
何より彼女には私が必要だという認識も
私に敵わないという自覚もあるから いいんですよ。
時々 たまーに 可愛いし。
でも母は愛するどころか許すことさえ難しい。

>その時間がきっとshinさんにとっての一番楽しい時間なんでしょうね。
今現在より、学生時代ね。まんがや小説に没頭することで救われてた。
他の何も目に入らなかったから ぐれもせず拗ねもせず道から外れなかった。
私にこれがなくて姉にプライドがなかったら 二人ともどうなってたかな。

>ほぼ捨てました。でも捨てるのも悲しいですよ。
>なにより労力がすごく必要です。
ゴミ袋に押し込む快感さえあれば何でも乗り越えられます。
一種の復讐でもあるんじゃないかと思える。

>子供に荷物で迷惑かけるのはしのびないので。
同感です!
それもあるし、やっぱり恥ずかしいですよ。
別にやばい本とかじゃなくても、ボロい衣類とかでも。
きれいに去りたいです。
[2011.08.25 19:28]
忍者ブログ [PR]