忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1115] [1114] [1113] [1112] [1111] [1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1105]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

相手にされないと分かっているが。
だが天気の方が私に喧嘩を売ってるんじゃないかと
思える。

今週名古屋は毎日曇りと雨マークだった。
降ってはいなくても雨マークがついていたら
きっちり乾かしたいものは洗えない。
押入れに片付けたい娘の衣類は、やはり一度洗ってから
完全に乾燥させたいではないか。
毎朝「今日は無理か」と見送り、毎日午後「いけたじゃねえか」と怒る。
雨どころか晴れてるんである。
挙句母の通院日だった木曜日の朝に限って降りやがる。
そして今日、雨マークのない曇りだったから、絶対に晴れる!と
くだんの娘の衣類を洗濯機にぶちこんだらば。

昨夜も北側の部屋の窓を閉めるかで迷い
テレビでは関東の大雨ばかり言っているから
名古屋は降らないんだと開けたまま寝て、夜中に閉めにいく羽目になった。

きいいいっ。

その上のったりゆっくりの台風だ?
通院日ありガス給湯器交換の日ありの週にかよ。

しかしまあ 娘の出発日に台風が来てなかっただけましと思おう。

心細げなメールの後、頑張って話し掛けたりしているうちに
クラスが始まって親切な(しかも可愛い)女の子と知り合えたらしく
元気な便りが届いて、親としてはひと安心である。
とはいえまだまだ気は抜けないけど。
日本にいたって新学年とか「新しいクラスでうまくやっていけるだろうか」と
親は気を揉むものなのに、その上に言葉の壁なんだもの。
だが「友達づくりが下手ですね」と担任に言われた小学生の頃から
随分と成長したもんだ。
留学希望のエッセに「私は努力家だ」と書いた娘に
「私は努力型の人間です と書き直しなさい」と助言したが
確かに努力家だよ あんたは。
ああ。でも頼むから調子に乗りすぎないでくれたまえね。失速が怖い。

こんな時思い出すのが、マンガのDANDOHである。ゴルフマンガである。
大人の余計な危惧や思惑、固定概念による制止が
子供の可能性を潰してしまうという台詞がある。
思い当たる事はいくつもある。
公園で滑り台に登ろうとする子供を「危ない」と止めたり
長じては無謀と思える挑戦を思い止まらせようとしたり。
大人が無理と感じる事でも子供は感性と行動力で乗り越えていくと
主人公の指導者となったもとプロゴルファーは言う。

やめておきなさいとか
ブレーキをかけらうような言葉を言ってしまいそうな時に
この言葉を思い出す。
それでも親として言っておかないとなんて 言っちゃうんだけどね。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]