忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[838] [837] [836] [835] [834] [833] [832] [831] [830] [829] [828]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
今日は朝から喫茶店に行ってまいりました。
昨夜寝る前に旦那に「明日は(ぼーりんぐが)本山だから」と
いつもより出る時間が遅いのでモーニングに行こうと言われた。
「7時半までに起きられたらね」と応える。

朝まどろんでいたら がさがさうるさい。
時計を見たら7時20分である。
……
起きていったら「さあ行くか」と立ち上がる。
待て。顔も洗ってなきゃ髪もぼっさだ。
同伴する以上少しはきれいな奥さんの方がいいんじゃないのか こいつは。

おいしく朝ごはんを済ませた後、旦那はぼーりんぐに行った。
戻ったら部活息子を学校に送っていき、その足で買物に行って
夕方息子を迎えに行きがてら外食してケーキを受け取って帰る。
という予定だが、娘が何時に起きてくるかで変更するかも知れん。

娘が昨日「シンガポール(研修)の旅行保険代金振り込まんといかん」と言った。
「どうぞ」と突き放す。「今回は時間あるから自分でやっておいで。
銀行に行って案内係の人に言えば 全部教えてくれる」
娘は唸る。
「キャッシュカード持っていくんだよ。口座から振り込むと手数料掛からないから」
「でも私のお金しか入ってない」
自分でやるのが(不安で)嫌な娘は機嫌が悪い。
その喧嘩口調に「お金なんか後でもいいじゃないか」とむっときた。
しかしそこでこいつは銀行のシステムを理解していないのだと思い出す。
説明しても一般の人には分かってもらえないだろう。
それくらい娘は馬鹿なのだ。
「お金に色はついてないでしょ。どういうつもりで入れたお金でも
そこに残金があれば保険料だろうがクレジットだろうが勝手に落ちるの。
後から入れたっていいの。『保険料代』って言いながら入金する必要はないの!」
それでもぶつぶつ「私は銀行の行き方なんて習ってない」と言っている。
誰が習うか! 「私だって親と銀行なんか行っとらん!」

こんなんで留学行けるのだろうか。
日本の恥をさらすことになるんじゃないか。

さて。ずっと楽しみにしていたフリーターもついに最終回。
就職活動をしていた主人公に選択肢がふたつ。
安定した企業の内定と、バイト先の小規模工務店の事務職。
息子に「あんたならどっちを選ぶ」と訊いたら
「いつ潰れるか分からない会社になんか入れるわけないだろ。
親にだって心配かけるじゃないか」とエラそうに抜かす。

……迷えよ。まだ若いんだからよ。

主人公は工務店を選びました。
ところで最終回に気づいたんですが、この会社の名前
「大悦」って言うんですね。読み方は「おおえつ」なんですけどね。
他の読み方したらちょっと問題なんじゃないでしょうかね。
そこまで分かっていて含ませてある ……わけない。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]