忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[793] [792] [791] [790] [789] [788] [787] [786] [785] [784] [783]
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月14日。ベランダのプランタンのみかんの木に
アゲハ蝶がまとわりついているのを発見。
前のやつでさえ葉っぱが足りなくて、他から貰ってきたというのに
と追い払うかどうか迷いつつ、
こんな貧相な、ろくに葉もない木に頼るしかないのかと哀れに思い
そっとしておいた。
去った後に確認したら卵が産み付けられていた。
その時はふたつしか見つけられなかったが、後からみっつだったと判明。

葉の補充が不可能なら、一匹も育たない。
旦那に確認したら「いつでも取ってこれる」と言う。
ではここまま見守ろう。

最初真っ白だった卵は段々に黄色を帯びてくる。

10月20日。
何度も経ている過程だが、卵が産み付けられた日までは限定できなかったから
孵化まで何日掛かるか定かではない。
なんとなく三日くらいと思っていたから、やけに遅く感じる。
みかんの葉が育つのを待っているのだろうかとまで考える。
朝、ベランダを見たら卵の殻の横に糸くずのような幼虫発見。

この頃幼虫はあまり動かない。動けないのか。
三匹とも自分のテリトリーでじっとしている。

糸くずから毛糸くずになり、白いラインが出始める。
今現在この状態。
これが今年最後の幼虫になる。蛹で越冬だ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]