忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[788] [787] [786] [785] [784] [783] [782] [781] [780] [779] [778]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

残暑も去り、気候のいいうちに自転車で走り回って
夏の間にだらけた体力と贅肉を何とかしようと思っていたのに。
10月に入って旦那が風邪をひき、息子が中間テスト、次の週は自分の通院
(歯科眼科内科と集中してた)、今日くらいは遠出と思っていたらば
朝、「くしゃみしたら ぎっくり腰になった」と旦那。

結局会社を休んで寝ている。
明日の休日、用(ボーリングがらみ)があるんで大事をとったんじゃないか。
風邪の時よりは大人しいが、鬱陶しい事には変わりない。


帰宅するなり娘はよく喋る。
大学での友人知人との事、揉め事、学校帰りに会った中・高時代の友人知人、
バイト先の塾での他の講師の人とのこと。
私は大体が名前を覚えるのが苦手である。
田中と橋本を間違えるくらい普通で、自分でも頭の構造が分からん。
いきなり名前を言われても、それが大学の人なのか中学校の同級生なのか、
それが分かっても前にどういう話題で出たかなんて、
分かるわけないじゃないか!

えっとえっとと考えているうちに話は進む。
そのどこかの端っこで「ああ!」と記憶と繋がる。
手繰り寄せた糸にくっついている単語を並べて相槌を打つ。
国語の問題を解くのに似ている と言えなくもないと思う。

時々面倒な時もある。
他人の三角関係なんかどうでもいいじゃないか。
「放っておきなさい」
「でも! あんないい人が(男に)騙されてるなんて嫌だもん」
「それでも好きなのかも知れんし
そうじゃなくても知っている人の数だけ傷が増える気がするんだ 私は」
「でもでも 私が知っていると知っていたら愚痴もこぼせるじゃん」
「こぼしたないわ! 自分で悩んでひとりで泣いて 忘れたいね 私なら」
「なんで? 私は聞いて欲しい」
「ぜーったい嫌だ。自分だけで悩めば自分が忘れたら消えるのに
誰かに話したりしたら自分が忘れたくても忘れて貰えなくて残っちゃうじゃないか」

私は愚痴られるの嫌いじゃないが、
内容によっては相手に後悔させたくないので
「喋ったこと後悔しない? いいんだね?」と念を押してから聞く。
それでも聞きながら本当にいいのかなあと思う。

しかし考えてみたらこれまで何人から聞かされた事だろう。
電話に出たらいきなり泣き出された事もある。
なんで? なんでそんな簡単に喋るの!と毎回思うんだが
どうやら私の方が少数派らしい……

だが恋愛沙汰に関しては私に愚痴っても虚しいだけなんじゃないだろうか。


PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]