忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1015] [1014] [1013] [1012] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006] [1005]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
前回「留学希望ならば入学後すぐ動いたほうがいい」と書いたが
更にいうなら受験前にある程度調べておいた方がいいかも知れない。
娘は本命に落っこちて今の大学に入ったのだが
結果的にはそれがよかった。
本命の公立校より私学の方が熱心なような気がするんだ。

さて、その娘。
帰宅して「ね ね 今日「国際交流しちゃった」とはしゃぐ。
聞けば、電車の中で
三人用の椅子をふたりで占領している外国人のおっさんがいたので
その前に立って「座りたい」オーラを出したところ詰めてもらえたと。
ふつーに敬遠するところだし、たとえおっさんが日本人でも私は嫌だ。
座った娘は会話の糸口が欲しくて英語の教本を取り出した。
したらば即座におっさんが声をかけてきたと。

そりゃまあ留学前だから英会話の機会は逃せないところなんだろうが
「席を詰めてよ」オーラのあたりで私には彼女が私の子供には思えない。

今私が通っている接骨院。娘は幼児の頃から通っている。
そのせいもあるんだろうが、院長先生も助手さんも娘にはあれこれ話す。
治療のことだけじゃない。家族のこととか「いちご狩りにいく」話まで。
私は結構長い時間施術を受けているんだが、その間ずっと沈黙である。
初日こそ治療期間とか注意事項など話はあったが、二回目以降黙ったままだ。
昨日「日によって内容が微妙に変わりますが 硬いところとかあるんですか?」と
訊いたらば返って来たのは沈黙。
え?と視線を合わせて微笑みで促したところ
「まあ そんな深刻に考えなくてもよろしい」と言われた。

夕食の時娘に「先生 ほんと喋らん」と言ったら
「お母さんのこと誤解してんだわ」と笑った。
「なんて」
「真面目だって」
接骨院に限らず、娘は見知らぬ人から声をかけられやすい。
そうだ。私がこいつを抱っこして歩いていても誰も声をかけてはくれなかったが
旦那はいろいろ訊かれたり、薬局でおやつ(乳児用じゃない)まで貰ったり。

やっぱこいつは旦那の子なんだろうか。
いやいや あの自己顕示欲の強さは私の母親か。
いずれにしてもこいつは私の子じゃないね。


一方で息子。
相変わらず英語の音読をリビングかリビング隣接の和室でやってる。
娘のバイト先の高三の生徒が「今日 発音やるわ」と言ったきり黙っているから
「ほら?」と促したら「頭の中でやってんだ」と答えたと。
娘が弟の話をしたらば「おかしいって」と驚いたらしい。だよなあ。
私だって絶対家族の前で英語の音読なんかやりたないもん。

ふたりとも旦那そっくり(顔)ってよく言われたしなあ。
どちらも理系じゃないし。

三人目をがんばれば「私の子」が生まれたんかしらん?
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]