忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1013] [1012] [1011] [1010] [1009] [1008] [1007] [1006] [1005] [1004] [1003]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
「嫁さんにご飯つくってもらってぇ」
「いいわね それが望めるから」

確かに我が家には息子がいる。
だが私の言う嫁さんは彼の嫁さんではない。
仮想嫁さんだ。

「料理好きな子でさ いろんなものを作ってくれるの。
私はそれをおいしく頂くんだけど
いつも家にいたんじゃ気詰まりだろうから ランチとかモーニングもいくの。
交替で旅行ってのもいいよね」

膨らんでいくのは夢ばかり。

「だってさ」と現実。「私と合う嫁さんって どんなよ?」 想像もつかない。
だが少なくとも息子の選ぶ女性ではないだろう。
てかどんな人でも同居は難しいなあ。

私はよその家のご飯を頂くのが好きだ。
なんでこんなおいしいものが作れるのかしらと
そこの家のご主人が羨ましくて仕方ない。
でもそう言うと「旦那に聞かせてやりたい」と返ってきたりした。
そうか。どんな贅沢も慣れてしまえば同じなのか。

ううん。でも私は決して嫁さんの料理に慣れる事なんかないだろう。
いつもいつもおいしく頂くだろう。

……いいじゃん。罪のない夢だ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]