忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1020] [1019] [1018] [1017] [1016] [1015] [1014] [1013] [1012] [1011] [1010]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

んなこたぁ分かっとる。

「ビザ申請しないといかん」
「あ そう」
「今日帰ってからやろー」
(ネットで領事館に申請して予約をとるらしい。それも結構面倒そうで)
(大学にパソコン室があるんだからそこでやってきてくれたらいいのに)

「無線ランってあっちでもこっちでも同じだってよ?」
「あんたのパソコン 最初からついとる。設定するだけ」
「どうやって?」
「取り説を読め!」

巧妙に巧妙に私を関わらせようとする。

娘の高校時代の友人のお母さんが入院した。
友達は大学に通いながら家事をこなしているらしい。
娘には絶対無理だ。
その友達は何度かうちに来ているが、おっとりしているのにしっかりしてて
人を許すことのできるいい子なんだ。

別の友人と先日久しぶりに食事をした。
「ベッドの上がすごい事になってるって」
それは娘も同じだ。そーっと布団を持ち上げて潜り込んでる。
「本が200冊くらい積んであるんだって。全部読んだって言ってた」
「ああ 羨ましい」
本が好きで自立心があって方向感覚に優れてる。

どっちの子でもいい。どっちかの子のお母さんになってみたい。


さて息子。夏の補習の予定表を広げ、
何を申し込むか、あいた時間に塾を入れるかどうか、決める。
袋から塾の夏期講習の冊子を取り出して渡したら
「俺に読めと?」と訊く。
あんたが読まんでどうするね。

娘より自立してると思っていたが
受験生になった途端依存度が増した。

こいつはな 昔から二重人格というか
学校に通っている間は「男」なんだが
長期休暇に入って友人との接点が減ると「幼児」に戻るんだった。
部活を引退して部活仲間と過ごす時間が激減したせいか
やたら懐っこくなってしまった。
友達が皆塾に通うようになってしまって寂しいのもあるんだろうな。

娘の時に感じた。
大学受験は親子の最後の蜜月(って変な言い方だが)だって。
それが終ったら子供は自分の世界に旅立っていく。
まして息子は男の子なんだから大学から先は離れていくばかりだろう。
だから最後の時間と思って大事にすればいいじゃないかとも考えたが
別の意味で大学受験は「自立した人間の最初の試練」でもあるから
自分に背負わせなければならんだろう、とも思う。

よその男の子はどうしているんだろう。
自分が通う塾の講座は自分で決めてるんだろうか。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]