忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1088] [1087] [1086] [1085] [1084] [1083] [1082] [1081] [1080] [1079] [1078]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

看護婦さんって言葉は使っちゃいけないんだっけ?
でも私は看護士さんより好きだな。

整形で先生と喋っていて、何か違和感を感じた。
好きな先生なんだけど嫌な感じがした。
何だったんだろうと後から考えて、思いつく。
もしかして先生 接骨院の施術をちゃんと評価してくれてない?

施術内容が少しずつ変化してきているからどこかで完結する気がする。
接骨院の先生がもういいよと言うまで、症状がなくても様子を見ようと思う
というような事を言ったら
「変化って? そりゃ 同じ事を繰り返してたら飽きちゃうからねえ」と笑った。
悪気はないんだろうけど、侮蔑的に受け取れないこともなかった。
私はきっとそう受け止めてしまったんだろう。
接骨院の先生は最初に「三ヶ月かかるよ。途中よくなったり悪くなったりする」と言った。
対症療法だけというわけじゃないという事だ。
だが整形の先生は所詮痛みを散らすだけの施術と考えているようで。

医師は看護婦の仕事や技術・知識を正しく評価していない
という事を読んだ。パートナーとしてでなく一段低い場所に彼女らを見ていると。
それと同じことなのかな?

だが以前に娘の友人が手首を痛めた時、
レントゲンを見た整形外科医は「捻挫」だと言ったが、
手首に触れた接骨院の先生は「折れてるんじゃないか」と言った。
実際そのとおりだった。

それぞれの領域があるのは分かるが
それぞれの領域に敬意を払うことも大切なんじゃないか。
好きな医師だっただけに、ちょっと落ち込んだ。


帰りに寄ったランチがおいしかったのが嬉しかったのは
外れなかったという事だけじゃない。
事故以来何かを食べたいとかおいしいとか感じる事がなかったのが
久しぶりに「あら おいしい」と口から出た事が
嬉しかったんだ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
セカンドオピニオン
接骨院、整体、整形外科、それぞれ得意分野があるんだと思うんですよ。
接骨院では整形外科で手術するようなこと、その後の抗生物質の処方とかは当然出来ないし、整形外科医は整体師のように体に触れて体の調子を整えることは無理だし、接骨院は複雑骨折以外の手足の骨はみるけど、骨盤骨折とかは見られないし。
セカンドオピニオンは必要だけれども、そのことはどちらの先生にも言わない方がいいのです。
医者はそれなりにプライドが高くて、自分を一番信じてくれているという患者にいちばん熱心になるものですから。
それぞれの領域に敬意を払えるならばそれが一番いいのだけれど、実際難しいですよね。
私はどの医者に対しても「先生が一番です」と言う顔をしております。
医者受けすごくいいです(^u^)けけけ
ちやこ URL 2011.08.03[Wed]15:24:13 編集
セカンド というわけでもなく

自賠責保険の都合でか 医師の指示(許可)を受けて接骨院に通う
という形になってるんです。
整形外科病院にもリハビリ部門あるんだけど混んでるし。
娘がお世話になっている接骨院と、その整形は以前から繋がりがあるので
いいかなと思ったんです。

相手が他の科の「医師」なら違う言い方になったのかなと
もし整体師の専門性が見下されているのなら哀しい。
複数の医師とか 二つ以上の科にまたがって受診するのって難しいですね。

>私はどの医者に対しても「先生が一番です」と言う顔をしております。
気持ちの上では(自己防衛のためにも)そう思ってるつもりなんだけど
私はあんまり医者受けよくないかも知れないです。もともと。
内科の先生も子供を連れて行くと優しいのに
私だけだときつかったりするもん。ふへへえん。
[2011.08.04 13:01]
忍者ブログ [PR]