忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[759] [758] [757] [756] [755] [754] [753] [752] [751] [750] [749]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「味噌の味が薄い」
豚汁だった。息子の好物である。
「味が薄くても栄養に変わりはない」
「栄養がとれればいいってもんじゃないだろ! ああ勿体無い勿体無い」
娘には他にあさりのバター焼きがあったが
息子は玉子丼と豚汁だけである。
「メインディッシュなのにねえ 可哀相にねえ」と娘。
弟のことなんかどうでもいいくせに。弟にかこつけてんだよな。
「今度から最初に文句言った人が 味を付け直すって事にせえへん?」

当然のように却下されました。

でも私料理の味で親に文句言ったことないような気がする。
決しておいしい料理じゃなかった。
ものによっては吐くほどまずかった。

誇張ではない。こみあげてくるものを抑えながら飲み込んでいた。
冬瓜汁しかり。玉子入り澄まし汁しかり。特にこの玉子入り澄まし汁!
「ねえ あれって別の器で溶いてから 流し込むよね?」と確かめたら
誰もが「うん」と言った。
私もそうしている。沸騰寸前にしておいて流し込んで箸で掻き混ぜれば
細かくさらさらと固まって、それなら私にだっておいしく飲める。
しかし母親のそれは適当に割りいれて適当に掻き混ぜて
白身の固まったところなんてゲロゲロに不味かった。

折角の好物だからよりおいしく食べたいと息子は言ったが
私はこの豚汁に天敵ともいえる牡蠣を入れられた事があった。
さほどに好き嫌いのなかった私である。
これだけは勘弁という牡蠣を、どうして入れる必要があったのか。
豚汁に牡蠣が必須だなんて聞いた事がない。

ラーメンに山盛りのキャベツを入れられた事もあった。
キャベツだって少量の肉といためて入れればおいしいのだが
適当にスープの中にぶちこんであるだけである。
ラーメンは好物だ。どうせならそれはそれでおいしく頂きたい。
野菜を、というなら別に野菜いためにでもしてくれたらよかったんだ。
大体が普段栄養バランスなんて考えてないくせに。

母親は料理教室に通っていた。パン教室にだって通っていた。
一体に何をしに行っていたのだろう。不思議だ。

結婚してすぐの頃、両親の新居に旦那の両親を招いた事がある。
その時用意された料理は絢爛豪華で
おすましも駅前のデパートで買ってきた鰹節でだしをとってあった。
習い覚えた技は「お客様」相手にしか発揮されないらしい。

冬瓜汁にせよ、そーめんつゆにせよ、しいたけと醤油の味しかしなかった。

ごくごく稀にだが「また作ってね」と言ったものが
二度と食卓に並ぶ事はなかった。

そんなでも私は文句を言った事なんかないぞ!









PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]