忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[591] [590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583] [582] [581]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年齢であるから白髪も生えてくる。
娘が見つけては抜いてくれていたが、
ここ数ヶ月さすがに忙しいのか、一目で分かるやつしか抜いてくれない。

髪をヘアバンドやピンであげると「およ」と白髪が見つかる。
そろそろ美容院に行こうかどうしようかという時である。
行く前に抜いておきたいなあ なんとなく。
(この程度じゃ染めろとは言われないだろうが」
でも娘には頼めないもんなあ。
いや。いい機会だ。自分でやる事も覚えよう!

やー 勿論前しか抜かないけど これが難しい。
何度か「もういい!」と毛抜きを投げた。
だがせっかく思い立ったのだからせめて5本頑張ろう。
巧く抜ければ愉しいのだ。こんなことでも達成感はある。
5本抜けた頃になんとなくコツが分かった。
どう毛抜きを動かすかではなくて
「こいつを抜いてやるんだ!」と強く念じる事が大事なのだ。

というわけで、なんとか「頑張ればやれるかな」の域に達した。

さて娘。
学校帰りに寄る事の出来るSCにずっとひとりで行けなかった。
友達が誘える間はいいが、受験が本格化してくるとそうもいかない。
「本屋に行きたい」
「大丈夫。一番上の一番端。分からなかったら訊けばよい」
心を鬼にして一人で行かせた。
帰宅した娘。「行けたよ! すぐ分かったよ!」
「これでひとつ自信がついたね」
「うん」

息子。
「えええ これ これの答え 何!」
「馬鹿もんが! 授業でやっただろうが」
「やってない やってないよ 説明だけだよ」
「その説明の中に例として出てたんだ ぼけが。ちゃんと聞け」
「次から 次から聞くから。教えてよぉ」
「ったく」
ってゲームの話ですがね。
昨夜息子は中間テストでした。
彼には補習組に回って欲しかったが、仕方ない。
正解を教えてやりました。

こいつは実生活では意外と自立してんだよな。
 

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]