忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[421] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

息子が寄って来る。
「袖をまくりたいんだけど 喰いこんで痛い」
見たらボタンをはめたまま無理矢理引き上げている。
こうなると自分では下ろせまい。
仕方ないので爪を立てないよう袖口を手首まで引っ張った。
「ボタンを外して折り返していくんだよ」と教えてやるが
そのまま腕を突き出している。
…私にやれという事か。

趣味から言えば
男の人がシャツの袖を捲り上げているのは好きである。
そのための動作も好きである。セクシーだと思う。
でもそれをしてあげるのは全然セクシーじゃない。
「次から自分でやろうね」と呻きながら両袖を捲る。

そして何を思ったか突然
「今年の夏はどこもいかないの?」と言い出す。
娘は受験生である。大学入試・入学のための費用も捻出しなければならない。
インフルエンザも先行き分からない。
そもそもが息子 友達と某遊園地に行くんじゃなかったか?
しかし折角子供から「旅行に行きたい」と言い出されたのだから
検討するくらいの事はしてやりたい。
家族旅行についてくるのなんて今年で最後かも知れない
と言い続けて何年過ぎただろう…

観光嫌いなくせに何故いきたがる?
「去年(当然息子が受験生だった)はどっか行ったっけ」と呟いたら
「最後に行ったのは… あの不味いところって」
「不味い?」
「大坂に行ったの去年だよね」
ああ。市内で宿泊先探すのも大変だからと近鉄沿線で探したのだった。
安くて夕食がバイキングで という条件で。
したらばそのバイキングが過去に経験したことのないくらい
不味くて種類が少なかったんだ。

あれ程にどーしようもないバイキングは本当に知らない。

しかし息子よ。旅行の第一印象が料理というのは男としてどうよ。
あの旅行の目的はあくまでも大坂(主に道頓堀付近)観光だぞ。

まあいいけど。
そんな息子 男への脱皮はまだと見た。
旦那も「ガキだなあ」って言うくらいだからまだ男の子なんだろう。
二歳上の娘よりは自立しているとは思うんだけどさ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]