忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1048] [1047] [1046] [1045] [1044] [1043] [1042] [1041] [1040] [1039] [1038]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
風俗店に勤務できるのは18歳から。
お酒が飲めるのは20歳から。
キャラ設定を考えていて、あれ? なんかおかしいなあと思った。

でもそういう決まりなんだから。

待てよ。18歳から(女性は16から)結婚できるよな。
結婚式を神前でやったら三々九度の盃がある。
そういう場合ってどうするんだろう。水でやるんだろうか?

ちなみに私も神前だったが
三々九度の盃の味は知らない。
何が何でも飲んでやるっという意気込みで頑張ったにも関わらず
袖が重くて持ち上がらず、じたばたやっているうちに
上下三回動かしてしまったらしく巫女さんに盃を取り上げられてしまった。
見ていた人に「上手にやったねえ」と感心されたけど
ふりをするつもりなんか毛頭なかったんだ。


昨日は二階級特進で、うちわからクーラーに昇格だった。
今日は風がよく入る。陽射しも昨日までと違う。
やれやれ。

娘の留学準備は地味に進んでいる。
ビザが届いた。へええ ビザってこういうんだ。
なんか格好いいねえと娘は言ったが、写真つきだもんな(娘の)。

予防接種の証明書を、結局名鉄病院に頼む事になったのだが、
さすが詳しい。ものすごプライドを持ってお仕事していらっしゃる。
同じアメリカでも州ごとに規定が違って、娘の渡航先は結構厳しいらしい。
抗体検査をやって残り期間で効率よく接種していきましょうと電話で言われた。
最初から名鉄に頼めばよかったんだ。楽しようとして遠回りになった。
名鉄病院の建物内部は分かりにくい。
娘に「あんたは絶対迷うから早目に行きなさい」と言った。
ついていく気なんて毛頭なかったら不安がらせて面白がっていたんだが
娘もさるもの、どこぞから情報を仕入れてきて
「特定の接種を受けるに 保護者の同意が必要なる場合もあるらしいから
同行して貰ったほうがいいってさ」と言う。
9割違うと思うんだが、残りの一割に当たった場合が怖いんで何も言えない。

ひとりで行くのが嫌なんだな。この方向音痴。
加えてその特定のやつは3万円くらいかかるっていうから
お金を持ち歩くのも嫌なんだ。
私は同意のサインしかしないぞ。全部自分でやるんだ。

無線ランが一応入った。
「あんたのパソコンも早く設定して 自分の部屋でやってよ」と言ったら
「嫌だ」と言う。
夜間以外は自室でなんかやんないと言い張る。
息子がぼそっと「なんであいつはこっちでやりたがるんだ」と言った。

こそこそ怪しげな事をやられるのも不安だが、
いつまでも親を頼りにされるのも鬱陶しい。

息子が期末試験である。
「友達に数学を教えて貰ってくる」と土曜日の午前中外出した。
そりゃ友達に訊く方が分かりやすいし楽しいよなと
5パーセントくらいの寂しさを噛み締めつつ、
だがこれでもうどうにもならなくなって息子を落胆させる事はないと
残りで安堵していた。ずっと綱渡りなんだもん。
成果はあったようで嬉しそうに帰ってきた。
だが結局夜になって分からないところが出てきて、
私も唸る羽目になった。まあ頭の体操で済む程度だったんでよかったけど。

本日は日本史である。
娘に、息子が「なんで富士川の戦いで味方同士戦ったの」と訊いた。
同じ源姓なら味方のはずだと信じる息子が可愛い。
ってかその後の頼朝と義経の話は知らんのか?
それに比べたら義経と義仲なんかマシだろうに。
娘即答できず、「だから私のプリント読めって言ったでしょ」と逃げる。

「京に入った義仲が 田舎者ゆえにいろいろやらかして
頼朝に討伐命令が下ったんだよ。んで義経が動いたの」と私が教えた。
日本史苦手の私がなんでそんな事知ってるかって。
……マンガで読んだのさ。

その後娘推奨のプリントを整理しながら勉強したよ。
鎌倉幕府の後に室町があるんだってね。
このあたりってごっちゃになりませんこと?

ああ。でもつくづく日本史で受験なんかしたくないと私は思ったね。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
無題
「三々九度」私もそうでした。
杯が、口に届かないなんて・・・
思ってもいなかったので、ビックリでした。
もう、どういよう・・・って思いました。
よかった、私だけじゃなかったんですね。
ちょっと、うれしいです。 
やったー!! とじみにうれしいです。
ありがとうございました。


母です。 2011.06.26[Sun]23:11:09 編集
ああ やっぱり
そうですよねえ。
かつらが気になって頭下げられないし
帯が胸まで着てるし、袂に引っ張られて手は上がらないし。
飲めなかったからといってどうという事はないんだろうけど
めったに飲める代物じゃないんだから せめて一口と悔しかったあ。

うちは旦那が極端な下戸なんで
二人揃って飲んでおりませんのよ。
なんか勿体無い気がします。
[2011.06.27 11:41]
忍者ブログ [PR]