忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だああああ! 捨てたい捨てたい捨てたぁい!

娘の引き出しを整理する。まあ出てくる出てくる。
記憶にないTシャツ、ずっと昔に買ったやつ、色が出ちゃってる服。
「キャミとシャツがない」と何度も買物に行ったのだが
だったらこのTシャツの山はなんだ!
買った事を怒ってるんじゃない。向こうで着潰すつもりでも
持っていく気になれないほどの代物ならさっさと捨てろ。
一年も二年も着ない服なんて置いておいても仕方ないだろ。
6割を占めるどうでもいい服のせいでお気に入りが皺になるんだぞ。

同じ事を母親に何度も言った。
だが絶対に着ない服でさえ捨てさせてくれない。

ものを捨てるには決断を要する。
捨てた途端それが必要になることだって勿論ある。
だがその確率を想定し、それの低いものから捨てていくしかない。
「いつか使う」「誰かが使う」と溜め込むのは容易だ。
これは決して倹約とかエコとかと違う。ただの怠慢だ。

必要なものを見極める。そこから外れたものを処分する。
母も娘も
この思考過程、決断に要する気力、それらから逃げているに過ぎない。

そして築き上げたゴミの山の始末を自分でつけるかというと
娘はこれからの課題としても
母にはその可能性は全くない。
ゴミのみならず全ての問題の尻拭いは私である。
平気で押し付けられるから、目を背けていられる。
責任もとれない言葉を平気で吐く。

娘の部屋を片付けながら、
意図して忘れていた母への怒りが込み上げる。

あああ。丸ごと捨てたい!


ところで。
昨日の日記に書いた「母の衣類を買った」件について。
私とて一応ヘルパー講習の受講生だから
年配者が古い持ち物に執着するとか、馴染んだものしか身につけたがらないとか
ちゃんと知っている。
相手が利用者さんなら私は黙って従うだろう。
通院付き添いだって、こぎったない格好だろうとなんだろうと傍にいるだろう。

私が新しい服を着ていると「どこで買ったの」と訊く。
そこらのSCのバーゲン品である。娘のおふるだったりもする。
「上手に見つけて来るんだねえ」と言う。
だったら私が選んだ服を着たっていいじゃないかと思う。

姑や利用者さんとは昔の確執はない。
だが実の母に関しては、幼い頃からのこと全部が頭の中に詰まってる。
私の宝物を棚からわざわざ引っ張り出して捨てた母の
ごみの数々まで尊重する気にはどうしてもなれない。
私に恥をかかせるような仕打ちをしてきた母の体面を
それでも以前はそれなりに繕ってきたけれど
正直もうどうでもよくなった。

私は心が狭い。人間が小さい。性格が悪い。
だが母ほどじゃないとは思うぜ。ふんっ!
PR
整形外科で医師にきついこと言われたが
それだけ先生もこれまでに嫌な思いをさせられてきたという事なのだ。
今回の保険会社が悪いわけでなく
これまでの保険会社の中にたちの悪いところがあったのだろう。
それらに比べたらこの程度の所見で黙って治療を受けさせてくれた
今の保険会社に感謝しなければいかんよ という意味だったのかも知れない。

とはいえ。
相手側の保険会社は偶然我が家の自動車保険と同じだった。
旦那の会社がらみのつきあいで加入しているのだが
そういった事情も関係しているのかも知れないと考えると
(多少手控えたかも知れない)
友人のケースに対して余計に腹が立つ。
コネも力もない相手には容赦ないのかと。

気分が悪いまま家に帰るのが嫌だったので
この際用事をひとつ済ませておこうと、免許の書き換えに寄る。
これは或いは失敗だったかも知れん。
適当に化粧してたし(ただでさえ適当なのに)当然汗もかいていたし。
警察署も少しくらい写真選ばせてくれたっていいのにと思う。
500円くらい割高になってもいいから 希望者だけ何枚か撮影し一枚を選ぶってさ。
データの段階で仕上がりが分かる今なら簡単だろうに。
てかあの教則本の費用でそれくらい賄えると思うんだよ。

帰宅したら息子が昼寝していたので、また黙って出て行く。
(我が家の子は昼寝なしにはいられない。娘もそうだった。
夜11時に寝て朝7時半に起きて 午前中30分横になり昼食後また寝る。
受験生の睡眠時間じゃないと思う)

少し離れたSCに。
お目当ては母のベストである。
「もう何も買ってくるな」と言われてから買うのをやめたが
今度の通院付き添いにまたあのこぎったないベストを着てこられるかと思うと
うんざりだったので自分のためにと割り切って探しに行った。
ついでに一目ぼれしたTシャツと、ベストに合わせて一枚。
購入できた達成感と
駐輪場で見知らぬおばあちゃんに親切にされたのとで、気分もよくなる。

が、帰り道不愉快なものを目にしてしまった。
歩道一杯に横並びになった親子連れ。
左にベビーカーをおした母親、幼児3人、左に父親。
基本私は歩行者に対してはベルを鳴らさない。
追い抜ける広い場所に出るまで静かについていく。
この時もそうするつもりだった。
だがその時父親が振り返ったのだ。明らかに私に気づいた様子。
子供なり奥さんになりなにか声をかけて避けてくれると思うではないか。
知らぬ顔である。

どたまきたんでベルを鳴らしてやった。
通り抜ける時に父親が暴言らしきものを吐いた。
「気づいたんならどけよ」と私も毒づいた。
そいつらのせいで間に合う信号も間に合わず、
後方から来るであろう父親を、売ってくるなら喧嘩買ってやろうと
待ち構えていたのだが、目を逸らして通り過ぎてしまった。
暫く行ったところで子供のひとりが振り返った。

大人気ないと自分で思うが
相手がいっそ高校生とかなら「ばかたり」で終る。
「親子連れ」というのが気に入らない。
子供に「世間の邪魔にならないように」と教えるいい機会じゃないか。
周囲に我慢させて当然というその態度に腹が立つんだ 私は!

人間が小さい? ああ! 小さいよ! 

整形外科に事故の経過観察のための診察を受けに行ってきた。

私の場合レントゲンに出るなどの明確な症状がないから
「三ヶ月も(保険に)面倒を見てもらったら満足しないといかん」のだそうだ。
それこそ明確な規定があるわけじゃないのだが
医師(病院)の方に保険会社からプレッシャーが掛かるみたい。
「自費で通うならどこからも文句出ませんけど」とも言われた。

「でも寒くなって今より症状がひどくなったら」と訊いたら
事故との関連づけが難しいから駄目なような事を言われた。
年齢が年齢だし、
そりゃ私としても「この痛みは事故のせい」「これは肩こりが主原因」と
きっちりに線が引けるわけじゃない。
先日のめまいや貧血など不調の原因は他にある。
証明しろと保険会社に責められて医師が困窮するのも分かる。
私に直接言わず搦め手から攻めてくる保険会社はずるい。

何年か前、明らかな車側の落ち度で怪我をした友人がいる。
自転車で青信号の横断歩道を渡ろうとした彼女を右折車がはねたのだ。
示談を迫られ、寡婦で、もともと人のいい彼女は強靭な態度もとれず
結局それを受け容れてしまった。
その後カラーを巻いたり強い痛み止めの注射を打ったり
全部自費である。

保険会社って何? なんのための保険?

なんか苛々する。
8月30日。
占いによると1日とか晦日は強運なのだが
息子はその一日前である。31日ならよかったんだ。
生まれからしてそういう奴なんだな。

「誕生日に何が食べたい」と訊いたら「八宝菜」と答えた。
期末テストの時あまりの暑さに作ってやらなかったからか。
仕方ないなとその材料を買って冷蔵庫に入れて
「はうあっ」と気づいた。

そう。30日は来週である。

……毎日やきそばだわ 私。


↓で義母の実家のお家騒動を書いたが
私の父の在所も同じである。
長男である父は、妹達の勢いに負けて跡取りの座を長女に譲った。
嫁に行った身であるから苗字が違う。
ふたりいる息子のうちどちらかの姓をかえて相続させるつもりだったのだろうが
いまどきの男の子がそんな面倒を引き受けるわけがない。

父には跡取りとしての自覚も覚悟もあったのだが、
「出来の悪い方」が残ってしまったので 諦めたのである。
出来の悪い方というのは即ち私である。
父の後はその子供である私達が継ぐわけだが、
出来のいい姉が死んでしまって、私が残ったので 
こいつには託せないと思ったのか はたまた妹達に思わせられたのか。

母のすりこみのお陰で父の私への評価は極めて低い。
前に簿記2級をとったと書いたが、
それ以前にも父に「簿記くらい覚えておこうか?」と訊いた事がある。
父は「複式簿記だから お前には無理だ」とあっさり言った。
なんのことはない。3ヶ月でとれたじゃないか。
父の私への評価はそんなもんだ。
しかしそのお陰で本家に入らずに済んだのはよかった。

皮肉なことに私が婿養子をとったので苗字はここにだけ残った。
本家は代々の姓を失い、財産も分散して消えていくんだろう。
妹達(叔母達)の欲のせいである。ざまあみろだ。

旦那の方は実際には父方は由緒正しき家柄(お殿様である)
母方は地主 でありながら 金にも名誉にも程遠い環境にあり
よって兄弟達がお金でもめる事はありえない。
これが一番いいと思う。
実家に行ったら父に母親の銀行口座分かるかと訊かれた。
通帳を見なきゃ分かるはずがない。
だが郵貯の通帳も隠されたままの今、銀行の通帳を探したりしたら
何を言われるか分からない。

固定資産税の分くらいになればと空き地を駐車場にして貸している。
新しい人が申し込みに来てくれたから振込先が必要なのだと。
土地が母名義だから駐車料金も全部母になる。
名義上の扱いだけでなく実際に。
管理は誰がしているんでしょう。
契約書を作ったの私、草取りをしているのは旦那。借主さんの応対をするのは父。
振り込まれたお金は一円たりともおろされないまま溜まって行く。
株の配当金もその口座だから、想像するに恐ろしい。
私に盗られると心配なら寄付なり募金なりすればいいのに。

家に帰って予備の契約書を探したら あかん 銀行名が東海のままだ。
今のプリンタB4は印刷できないからサイズを小さくして作り直すしかない。
父は面倒だから口座番号だけ教えればいいと言うけど
先方の連絡先くらいはないと困る。

書類書きも株の電子化も預貯金や保険の管理も自分で出来ないのに
どうして平気で握りこんでいられるのか私には分からん。
夫や実の娘が信用できないなんて本当に可哀想な人だ。
というか私らに対して自分がそういうスタンスでいるからこちらも同じと思うのだろう。

午後義母から電話が掛かってきた。
娘が無事着いたかどうかの確認だった。
予想通りあちこちに触れ回ってる。だから言うの嫌だったんだよなあ。
でも挨拶もさせずに外国に行かせるわけにもいかんしと
前撮りした成人式の写真を携えてお盆前に顔を出してきた。
孫の誕生日をちゃんと覚えている義母は
そのお祝い袋に慌てて成人のお祝いも入れて渡してくれた。
人数が多いから負担も大きいだろうに。

義母の実家は結構な地主さんだった。
三人娘の頭だった姉に強要されて義母は相続放棄の書類にサインした。
実家は跡取りの息子を失い、その嫁を追い出した娘の婿一族に
家を乗っ取られてしまった。
義母の姉は今施設にいる。ありあまる資産は別の姓の人間に食い尽くされる。

「お金なんて 使えるだけあればいいよね。それ以上あるのは不幸のもとだね」
お祝いの額が少なくてごめんね言う義母に
「子供が自分で使える額がいいよ」と応えた。
10万あげる人もいるんだと義母は言うが、小遣いに出来るくらいがちょうどいい。
「孫の誕生日を覚えているだけでもすごいと私は思うよ」

私の両親は私の誕生日だって覚えていない。

義母だって完璧な人間じゃなく、その価値観から離れられないところとか
いろいろ不快に感じる事もあるけれど
年金の中からお盆に焼肉をごちそうしてくれたりと
そういうところは出来た人だなあと思う
って書くと「結局は食い物ですか」と笑われそうだけどな。
忍者ブログ [PR]