忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
ソフト・ハードとも技術は発達しているはずなのに
10年前と負担は変わらなかったのは何故。
どころか記憶よりしんどかったぜ?

看護婦さんも事務員さんも医師も今のところ外れはなかったが
今日の技師(医師?)だけは大はずれな気がする。
ベッドに横になってから暫く放置され、
看護婦さんが気を遣ってフォローしてくれてはいたが
麻酔のせいでうまく唾が飲み込めず、直前に咳いてしまった。
落ち着くのを待つなり「大丈夫?」とか訊くなりしてくれたっていいのに
こちらの状況も顧みず「はい これ 咥えて」だぞ。
また咳が出たので思わず手で押さえたら「手は持ってこない!」だとな。

てめえが待たせたんだろ! まな板にのせたんならさっさと料理しろや!

ポリープが見つかったので念のため精検用に採取。
その後内科で「貧血に繋がるような出血は見られず」と伝えられ
婦人科へ。

「へえ 今はこんなんになってるんだ」と感動しつつ
内診用の椅子に座る。設備はよくなってもやる事はあまり変わらん。
ああ。胃カメラの方が気は楽だよね。
あんなものが怖いって騒ぐ男っていいよな 女は損だ。

体内の鉄分が極めて少ないそうだ。
事故以来食べることの意欲が薄れて ろくなもの食べてなかったからなあ。
もともと貧血体質なんだもの そりゃ血も薄くなるよな。
最近やる気が起きないのは更年期ウツの手前だとばかり思っていたけど
もしかしたら貧血のせいかも知れん。
これで貧血が改善されていけば 少しはまっとうな人間になるかな?

事故の整形、めまい入院の内科、親の通院付き添い、今日の内科、婦人科
暫く病院通いが続きます。
ああ。眼科の定期検査も行ってない。歯医者もキャンセルしたきりだ。

病院ったら花粉症の薬を貰いに行くだけだったのに!
PR
毎日暑い。昨日も暑かった。
午後「クーラーつける?」と旦那と息子に訊いたが、
どちらも「要らない」と言う。
リビングで三人。人口密度と体感温度は比例する。
息子はテーブルで勉強。旦那はテレビの前に転がって
私はダイニング寄りの床で寝転んで
それぞれ扇風機を回す。「暑い」 だが誰もクーラーと言わない。

夕食後、息子は勉強、旦那はイヤホンでテレビ、
私はテーブルの横で実家から持ち帰った雑誌を読んでいた。
したらば息子が「いいよ」と携帯を差し出す。
「何が」
「音楽聴きな。青春ライン入ってるよ」

青春ラインとは おお振りアニメ 第一期の二番目の主題歌である。
二番の歌詞がイズハマどんぴしゃで好きである。
前から欲しいと言っていた。先日息子がレンタルし、リスモで携帯に入れた。

渡されたイヤホンを両耳に捻じ込み、続けて三回聴いた。
「次はうーばーのプライドね」 青エクの最初の主題歌。
三回聴いた後、「あらしのとるーす」を頼む。魔王の主題歌。
そして愕然とした。
直前に聴いたuverとのあまりの違い。
普段テレビで漫然と聞くだけだから気づかなかったけど
じゃにさん 音作りにお金ケチってないですか?
それともたまたまですか。
奥行きも左右の広がりも全く感じられなかったんですが。

あと声ね…… 歌唱力ね。
うーばーのボーカルさんが特別音域が広いのか
あらしの面々が狭過ぎるのか。
上手だと思っていた大野くんの声ですら艶を感じられなかった。

そこで音楽鑑賞は終ったけど
あんなちっこいものからステレオで音楽が聴けるって
すごいよなあ……
娘が大学生になって
近所の人に会うごとに「娘さんらしくなって」などと言われ
こちらもその気になっていた。が。
留学にあたって渡米前に髪を黒く染め直した。
途端。
中学生に戻った。

すっぴんの時などランドセルを背負っても違和感ないくらい。
こんなに童顔だったなんて知らなかったよ。

髪の色で印象変わるもんだなあとしみじみ。
私はずっと黒だ。
白髪染めで茶色とか亜麻色とか挑戦しようと目論んでいる。
そのタイミングというか思い切りはまだ出来ていないけど。
どれくらいの割合になったら染めるものかしらね?

染めたらどんな感じになるのか、ちょっと楽しみだわ。


息子がまた服を買いに行く。
娘が「彼女でも出来たのかな」と言う。
全否定するわけじゃないけど(以前にその兆候は少し見られた。
その後の進展は分からん)今回の購入は明日から塾通いのためと思われる。

息子としては、購入の際に背中を押す係、兼道案内で
私に同行して欲しい気はあるんだけれど一緒に歩くのは嫌だ
な感じであった。
私としては栄で買物なんかしたくないし息子と歩くのは絶対嫌だ。
男の子と母親が二人きりでの行動って抵抗あるわ。
これは息子がいい男だったとしても同じだと思う。
動物的には可愛いんだけどね。それとこれとは話が別。

その息子の髪、私がカットしているんだけど
大学入ったらどうするつもりなのかしら?
染める気はないとか言っているけど どうなるのかな?
私が染めたら気が変わるような気がするんだ。
茶髪の息子……

……嫌かも?
お盆であるから まず墓参り。
朝一番で出て花を買ってお墓の掃除。お参り。
まだ9時前である。

給湯器の故障により、一週間浴槽に湯を張っていない。
肩までゆっくり浸かりたいよねと日帰り温泉に行く事を考えたが
さすがに遠出する勇気はなく(出先でまた体調崩したら困る)
近場で初めてのところに行ってみる。なかなかよかった。
この時点でまだ10時過ぎ。

買物に寄って帰る。息子を連れて外食。
戻ってクーラーをつけて昼寝。電話で起こされ不完全燃焼。

午後息子は勉強、私は病院で買った暇つぶしの漢字パズル。
旦那はパソコンで競馬をやってテレビ観賞。
ひとつきりのクーラーなので同じ部屋にいるしかない。
夕食後クーラーを切る。
娘は一日不在。昨日免許がとれたので気が楽になったのだろう。
とはいえ出発まであと少し…… なんか実感湧かないなあ。

実家の父が、娘がひとりで行くと知って、ものすごく驚いた。
何人かで行くと思っていたらしい。
そりゃ方向音痴の娘がひとりで外国に行くなんて信じられない事だろうけど
飛行機は地下鉄と違って「反対方向」がないからいいよ。
チケットがないと乗れないからいいよ。
乗り場が分からなくても訊くの恥ずかしくないからいいよ。

「で (息子の)大学決まったのか」と訊くから
「決めるのは簡単だよねえ 受かるかどうかだわよね」と答える。
決めるだけなら東大とだって言えるわけで。
実際に息子の志望校、偏差値あと10は要る。
したらば父は意外な事を言った。

「無理しないでいいさ。あの子は気立てがいいから 大学なんてどこでも」

いやさ。女の子に対しての台詞ならびっくりしないけど
父の、待望の男の子である孫に対して言った事だから
「へえ?」な感じである。

でも父 無理しなかったらあいつがどこの大学になるか分かってるんかしら。
あやしいおこめ テロップ。

手違いで下書きを流してしまうとか誤字があったとか
それはそれでよろしくないことなんだが
今回問題なのは

遊び心で人を傷つけるような言葉を書いたこと。

自分の親が東北で農業をやっていたら書けただろうか。
忌まわしい言葉。冗談でも口にしたくない。

訂正を申し入れたスタッフにしても同じだ。
不適格だから直してください ではなく
ふざけるな 馬鹿やろう と怒鳴っていたら 違ってたんじゃないか。
その男性の上司に抗議するなり、訂正するまで電話し続けるなり
「怒り」があれば出来た というより しないではいられなかっただろう。

企業からみて 常識に照らし合わせて 報道の立場から「不適格」
というだけの事じゃない。
所詮他人事 と感じさせてしまう罪。一番重いのはそれだと思う。

その後の放送で謝罪しても訂正しても説明しても
この傷は癒せない。

河川氾濫で泥まみれになった実家に通っていた時
日記に「欲しいのは義援金じゃない 関心だ」と書いていた。
泥と格闘する自分たちが隔絶した空間にいると感じるのが一番辛かったらしい。

遊び心で書いた男は東北で農作業を手伝ってくるといい。
商品になるのかどうか分からない農作物を育てる不安を
少しでも味わってくるといい。
関わった人間すべて、そうすべきだろう。
忍者ブログ [PR]