忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[952] [951] [950] [949] [948] [947] [946] [945] [944] [943] [942]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ほら 僕が学校から家に帰る途中 道に落とした あの財布ですよ。

すいません オリジナルがウロなんでパロディになってません。

息子が財布を落としました。
家に帰り着いて 慌ててまた学校まで戻ったんですが 道中にありません。
部室にあるかもと望みをつないで次の日学校に行きましたが
そこにもなかったようです。

なかった(ハートの割れたやつ)
警察に電話した(ダウンな矢印と変な顔)

なんで親へのメールに絵文字(?)を入れなきゃいかんのだろう。

電話口の警察の方はむっちゃ丁寧で優しかったそうです。
「なんであんなに親切なんだ!」と息子は感動しておりました。

ありがたい事です。
大人だって丁寧な応対を受ければ嬉しくなります。
問い合わせ等慣れていない子供なら尚更です。
最初にこういう経験をすると次からも物怖じせず電話できるし
受けた優しさは忘れないだろうから、
自分が大人になった時、子供相手にも丁寧に接するようになると思います。

これで財布が出てくればもっといいんだが。

旦那は二度落として二度とも出てきました。
一度目は気づく前に連絡を受けたんじゃなかったかしら。
旦那自身二度拾って二度届けました(一度は私が代理で持って行ったが)。

娘は一度地下鉄のホームで現金を拾った事がある。
駅長室に届けて、半年後全額受け取りました。
ちょうど弟が入院している時で、そのお金でお見舞いの本を買ってきてくれました。
息子は覚えてるんかな。
弟が小さい頃は頼りになる姉ちゃんだったんだよ あれでも。

私自身はないけど、公園帰りに一緒にいたお母さんが
「あああっ 一万円札が踊ってるぅ」と駆け出し、拾った事があります。
派出所に届けるというので、
そのお母さんの子供を連れて家に戻りました。
夕方「落とし主が見つかった」と、
その方から頂いた和菓子のおすそわけを持って来てくれました。

今回の財布、ガット張りに寄るつもりだったので1万札が入ってました。
ガット張り代金は自腹。
残金(部活終わりだから)で買う予定だった私服は諦め。
これも授業料だわね。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]