忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[953] [952] [951] [950] [949] [948] [947] [946] [945] [944] [943]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
息子が手術入院した時。
術後絶食が続いた。
2歳の子にこれはきつい。親もきつい。
空腹を紛らわせる手段も病院ではあまりない。
やっとアニメの時間だと思ってテレビをつければ、喰ってるし……

担当の医師に「いつから食べられますか」と訊いたら
暢気な声で「まー 週明けにはねー」と抜かした。
殺気を感じたのか、慌てて「や 明日様子見て 明後日なら?」と言い直した。

一日一日、いや一時間一時間が拷問だと分からないのだ。
半日の違いでどれだけ救われるか!

その「明後日」。朝からそわそわ待っていた。
やっと来た担当医に看護婦さんが「お待ちかね」と言った。
医師は何を勘違いしてか「やー 照れるなあ」だと。
あんたなんか待ってねえよ! あんたの「許可」を待ってんだよ!
「食べさせていいよ」の声と同時に
看護婦さんはダッシュしてゼリーを持って来てくれた。
食事の時間じゃなかったけど一分でも早くと思ったんだろう。
さすが現場を知っている。

昨日私が書いた「復興構想会議」の「構想」に不安を覚えるのは
こういう事なんだよ。
実際に苦しんでいる人にとっての一日と、外にいる人間の一日は全然違うってこと。


阪神淡路の時は私はまだ生まれてなくて というのは真っ赤な嘘だが
子育て真っ最中で、テレビは幼児番組のみ、新聞読む余裕もなく
震災当日も「やー 今朝の地震にはびっくりだわ」と公園に行って
他のお母さんから惨状を聞かされた。
その状況も、その後の復興もよく知らない。
比較は出来ない。知っていても単純比較は出来ないだろう。

だが出来るならば、その経験を活かし、その上をいって欲しいものだと思う。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]