忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802] [801] [800]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析

娘が疲れている。
このところ休みがないのと、あれこれ重なっているのと。
TOEFLの点数が思うように上がらないのも一因なんだろうな。
どこだって決まった国が縁のある国だと割り切れと言っているのに。
てか、どうせならアメリカよりヨーロッパの方がよくないか?

自動車学校を申し込んだ。
今度こそひとりでやらせようと思ったのだが、
あまりの疲れっぷりに倒れられても困ると住民票を貰ってきてやる。
振り込みもして来てやった。でも自動機でもよかったんじゃないか。

もう少し先でいいとも思ったが、母から
姉が遺したお金の入っている通帳を借りてきた。
姉が遺したものなんて私には権利がないからと
ずっと思っていたけど、姉が私にあげると言った理由を考えて、
「若いうちに使って欲しい」という意味合いが強かったんじゃないかと
でも私はもう手遅れだし、姉の最期を知っているだけに使う事も出来ないから
それなら娘に使わせようと思った。

何もかも握りこもうとする母に対する反発もあったんだけどね。
親のものを欲しがるつもりはないけど
姉の意思を踏みにじる様な抱え込みはやっぱ許せない。
私が無駄遣いするとでも思っているのか?
でも姉が望んだのはそれこそその「無駄遣い」だと思うんだ。
私がバイト代を母に取り上げられていたように
姉も収入を「貯金しろ」と言われ続けてきたんだろう。
将来を考える事も大事だけど、10代は一度しかないんだし
お金の使い方をきちんと覚えておかないと私みたいになってしまう。

「通帳どこにある?」と訊いたら
「その鞄。あんた どうせ いつもこっそり捲ってるんでしょ」と言う。
私をそう疑うという事は、自分がそうしてきたという事だ。
私たちが子供の頃、勝手に引き出しあけたり、手紙を読んだりしてたんだね。
ああ。何もかもが嫌。

金額を見て一瞬迷ったが、姉の分は全部おろして手持ちの通帳に移した。


娘があんまり疲れたとぼやくので
息子が「大学が一番青春できるって聞いたけどそうでもないんだ」と言った。
「青春というなら 高校が一番だよ」と娘。私もそう思う。
すると息子「はあ? 姉ちゃんの高校時代に青春なんかあったか?」と言う。
失礼な! 
「それは私に対する冒瀆でもあるわね。異性と遊ぶだけが青春じゃないぜ」

まあいろんな意味で私言われますけどね。「青春のなかった女」
それもこれも……
 

PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]