忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1058] [1057] [1056] [1055] [1054] [1053] [1052] [1051] [1050] [1049] [1048]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ソクラテスの奥さんの名前 なんていったかなあと
ここ暫く思い出そうとして思い出せないでいた。
今朝の新聞に載っていた。
悪妻で有名な彼女だが、ソクラテスが処刑されるとなって
泣き崩れたとな。

「青年を堕落させる」として死刑を言い渡されたソクラテスだが
監視はゆるくて脱獄は充分可能だった。
こんなくだらない罪状で処刑されることはない 逃げてくれと
周囲に言われたが、ソクラテスはそれを拒んだ。
この時の有名な台詞が「悪法も法なり」である。
どんなにしょーもない法であろうとそれが法であるなら従う。

というような事を短大の講義で聞いた。

毒杯を受け取ったソクラテスはそれを飲んで、
彼を取り囲む青年達相手に喋り続ける。
「あんまり話すと毒が効かない」と看守だか執行人だかに注意されたが
「ならば何度でも私はそれ(毒杯)を受け取ろう」と応えたと
本に書いてあった。

新聞にもあった、ソクラテスの有名な言葉。
「悪妻をもてば哲学者になれる」

旦那が一向に哲学的にならんところを見ると
私はそれほど悪妻でもないのかしら。


息子が突然「おじいちゃん 簿記覚えてるかな」と言った。
前に父は経営者だったから帳簿付けもやっていて簿記くらい出来るだろう
と私が言ったのだが、なんでまたいきなり簿記?
「簿記なら私も2級もってるけど?」
「なんで?」
「暇つぶしに」
結婚当初マンションに移る前の仮住まいでアパートにいた。
仮住まいだったからマンガも本も持っていかなかった。
家事といっても二人暮しだからやることもなく、
本屋で簿記の参考書と問題集を買って、やってみたのである。
「株もやらんのに 簿記なんかとってどうするのさ」
……簿記って株のためにやるもんなんですか。

問題集とってないかと訊く。ないと思う。
あったにしても今そんなことやってる余裕ないだろうに。
受験が終って入学までの間にやるなら分かるけど。
大体が簿記を覚えたって経済の勉強にはならんと思う。私がそうだった。
あれは数字で遊ぶだけのものだった。
だから一級はとってない(会計学とかもやらんといかんかったんで)。

20年前の簿記って今でも通用するのかしら。
消費税導入前だったし
やたら金額設定が低くて(備品で何千円とか 倉庫が何万円とか)
当時でも「ありえねー」って笑いながらやっていたけど。
とるだけとって使った事ないし。
それを言うならヘルパー2級もそうだけど。

簿記の最初はわけが分からんから息子が始めたらいろいろ訊かれるんだろう。
言えることは「何も考えんと突っ走れ」だけだわ。
そのうち分かる。いつか分かる。なんとなく分かる。

ってその前に受験勉強だもんねえ……
今度の期末政経が一番あぶないってどうよ?
経済志望のくせに。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]