忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1060] [1059] [1058] [1057] [1056] [1055] [1054] [1053] [1052] [1051] [1050]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
新聞の端っこに、地味に毎日掲載される「死者」と「不明者」の数。
「不明者」の数が少しずつ減っていく。
捜索と、身元照合が毎日進められているのだろう。

「親族の遺体ってそんなに見つけたいものかなあ」と呟いたら
旦那が「そりゃそうだろ」と、私が変な事を言ったような目で見た。
「うーん 小さな子供だったら見つけてやりたいと私も思うけど
……でも私のは見つけてくれんでいいよ」

簡単に見つかるのなら、そりゃそれでいいけど(身元不明だと処理に困るだろう)
安置所を捜し歩くのは精神的にきついと思う。

こんな事を書くと、人格疑われそうだけど
あくまで私は私の遺体を尊重して欲しいとは思わないから
……生きている人が悪臭や不衛生に苦しんでいるのなら
瓦礫ごと焼いてしまえばいいのにと考えてしまう。
そこに誰かの遺体があるかも知れないという理由で
腐った魚も地道に片付けるしかないのだとしたら
そのせいで生きている人間が病気になってしまうくらいなら
ひといきに燃やした方がいいんじゃないか。

人間死んだらそこで終わり。
物質的にはそうだと思う。後は人の記憶の中で生き続ける。
或いは「生きた」という事実だけが残る。
遺体があろうとなかろうと、どこにどう葬られようと。

でも戦時中の遺骨を日本に還そうと、今でも頑張ってる人がいる
なんて事があるのだから
遺体や遺骨にも意味はある
意味を持たせている人が多い
という事なんだろうな。

私は遺族に辛い思いをさせるくらいなら
見つけて貰わなくてもいいよなと思う。
ましてそれが、損傷された遺体なら、いっそ誰にも見られたくない。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
難しいですね
遺体を見るまでは死が納得できず、前に進めないと言う方が多いようですね。
突然すぎるから、そうかもしれません。
今目の前にいる子供が学校の帰りに消えて、そのまま帰ってこなかったら、私もやっぱり死んだとは思えないでしょう。
遺体を瓦礫ごと焼いてしまうことは、生きなければならない人たちの肉体の衛生上の必要である一方、精神衛生上においては答えが出ないでしょう。
難しいですね。
ちやこ URL 2011.07.06[Wed]23:27:39 編集
そうなんですよね……
>前に進めないと言う方が多いようですね。
ここまで書くと死者への冒瀆になりそうですが
どのくらいの火力で骨は消滅してしまうのでしょうね。
それともやはり野火では駄目なんでしょうか。
そういうのが私には分かりません。

生活に区切りをつけたい人も
出来るだけ今を快適に生きたい人も
早く復興の手ごたえを感じた人も それぞれで
でもやっぱり死者に関する事が優先 なのかなあ……
素朴に疑問です。
[2011.07.07 12:15]
忍者ブログ [PR]