忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1077] [1076] [1075] [1074] [1073] [1072] [1071] [1070] [1069] [1068] [1067]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

娘とのバトルで 治療箇所が増えました。
そっちは自費なんで(労災ともいえるが)財布を持っていかないといけません。
軽い肉ばなれと内出血だそうです。
軽くても痛いよ。

二年ぶりくらいでしょうかね。バトルは。
これまで部屋の隅っこや別室でおどおどしていた息子が
今回は仲裁に入りました。
主に娘を取り押さえたんですが
彼が本気を出したら怪我をさせてしまうので
ちゃんと加減しておりました。

きっつい姉のいる男の子をふたり知ってます。
息子と同じようにやられっぱなしかと思っていたら
ひとりは一度こっぴどくやり返し、
それからは姉の方の無体はなくなったとか。
もうひとりは妹相手にぶちきれて浴室のガラスを蹴り割ったとか。
ある程度の年齢になって腕力がつくとそれなりになっているようなんだけど
息子はずっと前にたまたま入ってしまった自分の蹴りに恐れおののいて
以来姉に立ち向かう事はしなくなりました。
その頃は口のみならず力でも敵わないと思っていたから
暴れる事も出来たんでしょうね。でも体格が逆転したら男は男です。
ずっと防戦一方です。

古い日記に面白い記述がありました。
 

かねてより(といっても数日前くらいだが)やってみたいと思ってた実験があった。

娘に提案してみる。
「三日間あんたが弟を殴らなかったら」
「無理」
「や。あれがどうするか知りたいんだよ~」
「無理」
「どんなアホやっても ちょっかい出してきても無視して」
「無理」
「三日間頑張ったら500円!」
「やる!」
 
うーん。500円は高かったか。一週間にすべきだったか。
だが三連休。一緒に過ごす時間はいつもより長い筈…
 
娘はじっと耐えている。
その脇で事情を知らないくせに、息子は
「ねーぶー でーぶー」とか歌ってる。
いつもなら確実に蹴りが入ってる。だが、娘は肩を震わせて頑張ってる。
 
夜である。今日一回も姉に殴られていないという事実に彼は気づいているだろうか。


昨夕の外出の際の車中はホントうるさかった。
邪魔が入らないので息子が歌う歌う。
調子を外すのは仕方ないとしても、娘の持ち歌にまでちょっかいを出す。
娘は娘で殴りたい衝動を抑えるために歌う。
息子はますます声を張り上げる。
頭が割れそうにうるさかった。
 
本日も射程圏内で踊る息子。
誘っているのか?誘っているんだな?いいんだな 息子!



娘が立ち上がる。
息子はびくっと半歩逃げながら、それでもどこか嬉しそうに期待に輝く目で姉を振り返る。
「な なに? なに?」
腕は頭を庇ってはいるが、明らかに攻撃を待っている構えである。
その横を娘はすたすたと通り過ぎる。
 
笑い転げながら、しかし、笑う為に実験しているんじゃないと思う。
息子よ! どっちなんだよ!



息子の態度がでかい。
明日どうなるか知らないぞ。
 
娘に質問された理科を一生懸命考えている時に帰ってきた。
帰ってきたら途端にうるさくなって集中できない。
人が何やってるのか確かめもせず話し掛けてくる。
ぷるぷる拳を震わせている私を見て、娘「私の気持ちが分かるでしょ」だと。
ああ! 分かるともよ!
あんたがあいつを殴る少なくとも半分は私の代わりだって事がよっく分かったよ。


で実験は終ったのだが、
それで何が分かったわけでも変わったわけでもないようで。

しかしこれを読み返すまで、こうまで日常的に娘が息子を叩いていたとは思いもよらず。
某日の日記では私まで問答無用で息子の頭をはたいておりましたわ。
その後何事もなかったかのように(或いは彼なりの謝罪であったか)
市販のお好み焼きの玉子の固まったところを
「おいしいよ あげる」と私に突き出したあたりなど涙ナシには読めなかったわ(嘘)。

また某日。漢字テストの点数を叱られた息子。「姉ちゃんのせいだ! 姉ちゃんが頭を殴るから!」


その息子。昨日は私の代わりに買物に行き、
「牛肉が安かったんで迷ったんだけどさあ」と帰って来ました。
娘は多少反省したのか、昨日の夕食の皿(少し遅れて帰宅)自分で洗ってました。
反省だけなら猿でも出来るわいっ!(ま 今回は私も悪かったんだけどね)
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]