忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[1075] [1074] [1073] [1072] [1071] [1070] [1069] [1068] [1067] [1066] [1065]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大学でイギリス文化とかイギリス史とかやってる娘。
マザーグースが課題だったようで、外食先で得意げに
「ロンドン橋っていうけど ロンドンブリッジって言うと違う橋になっちゃうんだよ。
タワーオブロンドンって言わないと駄目なんだよ」と言う。
待て。「タワーオブロンドンは橋ちゃう。ロンドン塔の事だ」
「ロンドン塔って何?」
……イギリス史やっててロンドン塔を知らない?
「こう 塔があって四角く建物があって 牢獄兼処刑場だった場所。
あんたが言っているのは タワーブリッジじゃないの?」
「あ そうかも」
ったく。この記憶力と伝達力の低さ、なんとかならんかね。
「んでさ ロンドン橋落ちた の歌って どうなって終るの」と訊くので
「番人を立てて パイプを吸わせる。
だけど この番人というのは人柱だという説がある」と教えたら
「ああ! 人柱の話は先生してくれた」
「だったら番人のところも触れただろうに」
「いやあ……?」
「その前にやった オレンジとレモン の詩の最後は知ってる?
セントクレメントの鐘がどうとかいうやつ」
「最後まで読んだけど ふつーに終ってた気がする。覚えがない」
「強烈だから一度読んだら忘れるはずがない」
一体何をやってるんだ!
「ろうそくがベッドを照らし 手斧が首を切りに来る」

フレドリック・ブラウンが題材にした。
この訳はそのタイトルである。
マザーグースの詩集での訳はまた違う。
だが首をちょんぎるぞ!という事に変わりはない。

自分の部屋でノートを探していた娘がそれを手に
「だって先生 ものすごく楽しそうにリズミカルにこれ読み上げたもん。
そんな内容だなんて思いもしないわさ」と出てきた。
自分で読み上げたが、確かにぴんぴんと韻を踏んでて楽しげである。
しかし、である。
仮にも英語を学ぶ者が、そこに英語の文章があるのに
どんな意味なのかしらと訳そうとしない事があるだろうか(反語だぞ おい)。
実際そのプリントのちょっぴんのところに線が引いてあって
「ぶったぎる道具」と書き込んである。
「……これが斧の事だよ」と言ったら「そうかあ?」と疑わしげ。
「イギリスで首を切ると言ったら斧だろうが!」

……そうか こいつはロンドン塔も知らなかったんだ。

ロンドン塔という小説がある。実在の悲劇の女王ジェーン・グレイの話。
これを読んだ歴史好きの友人は
「悲劇だの薄幸だの 自分で行動しなかっただけのことじゃない」と
無残に一刀両断した。かよわき美少女に同情していた私はショックだった。
周囲に翻弄され、最後には処刑されてしまうという運命。

画がある。
目隠しされたジェーン・グレイが手探りで処刑台(丸木を切ったような台)を探す。
立会人(?)がその手を引いて台の場所を教えている。
その横に斧を手に立っている処刑人。
腰に下げられている短刀は切り損ねた皮や肉を削ぐためのものと注釈がある。

ギロチンが残酷と言うが、あれは落ちる歯の重さと勢いで首を飛ばすから
失敗がない。だが斧とか日本刀での斬首の場合、一度で済まない時もある。
日本にそれを題材にした小説もあるし
イギリスではアン・ブーリンが処刑人にこう言っている。
「私の首はこんなに細いのだし 何よりもあなたには経験というものがある」
(だから失敗しないでね)

処刑の話が出たついでに。
イエスの磔刑の話は有名だが、死因が何かご存知だろうか。
あれは窒息なんである。
わき腹に傷があるので失血とかだと思われがちだが
あの傷は絶命したかどうか確かめるために刺したものである。

ナチスが実験した。
人間を両腕だけ固定して吊り下げると、呼吸が入らなくなる。
磔刑では手首を紐で縛りつけたり、イエスの場合は掌を釘で打ちつけ
足首もまた同様に固定し、更には腰より僅かにしたの場所に少しだけ出っ張りをつけておく。
息が苦しくなって身体をずりあげるのだが、そのうちに力尽き身体が沈む。
するとこの出っ張りによって僅かに身体が支えられ意識が戻る。
何回かこれを繰り返し、ついには絶命する。
だから結構時間がかかる。


話が逸れたが。
娘のノートをぱらぱらしていたら
ネルソン帝督とある。
ああ。ネルソンの名前出てきたね。これで覚えたねと安堵し、
だが! 「お前 字が違うだろー!」
大英帝国だから帝督とでも思ったのか
だがそれじゃ銀英伝のヤン提督はどうなるね! 同盟軍だぞ!


「マザーグースが終ったら 詩をやるの」
「ソネット?」
「ソネットって何?」
……いくら英語学科と英文科は違うといっても……


最後に息子ネタ。
テレビでまるも体操を見ていてぼそり。
「あんなにちっこいのに 全部覚えてるんだ。すごいなあ。俺最後まで踊る自信ないよ?」
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
無題
娘さんの自慢げな知ったかぶりは
親譲りの衒学趣味ですね。
わんだつ 2011.07.19[Tue]10:29:16 編集
申し訳ないですが
衒学 の読み方教えてください。
辞書で調べたいけど読み方わかんないんだもの。
漢和辞書出すの面倒なんでよろしく。

(ばか)娘の知ったかぶりと私の雑学披露は違うと思いますー
あいつのは子供っぽい「聞いて聞いて」で
私のはもちっと上から目線だと思う。

記憶のシナプスは何度も思い返す事によって太くなるって何かで読んだ。
物忘れひどいから昔覚えた事を年寄りの繰言みたく思い返す。
ブログにはそういう使い方もあると思うんだけど どうかしら?

ここで端っこを読んで「へえ」と思ったらきちんと調べて
それぞれがそれぞれの知識にしてくれたら 
それもブログの使い途もひとつだと思うんだけど どうかしら。


とりあえず「衒学」の読み方教えて下さい。
あああっ 待て。女衒の衒と同じ字でいいのか?
(調べてみる)
「げんがく・学問のあるのを自慢してみせびらかすこと」

あー 娘 学問ないから。あいつには無理だな。
私もないと思ってたけど娘を見ているうちに自信ついたんですよ。
そしたら自慢したくなるのも当然じゃないですか!(え? 駄目?)

またひとつ言葉を覚えました。またおりこうになれたわ。
でもなんで女衒と同じ字なんだろう……?
漢検2級の娘に訊いたら分かるかしら?(信じられないがあいつは2級なんである)
[2011.07.19 10:54]
マザーグース
マザーグースの勉強が出来るなんて楽しそうでいいなぁ。
昔々谷川俊太郎がマザーグースを訳したときには、興味しんしんで読みました。
あれけっこう怖い歌入ってますよね。
体をバラバラにされて殺された子の歌(があったと思うけど)を読んだときは、一気にアガサ・クリスティ気分になりました。
それにしても処刑って人間の残酷さをどこまでも晒してくれますよね。
ご存知かと思いますが、イエスの処刑について医学的見地からも書かれた文献がサイトにもありました。
http://www.jaspella.com/jp/ministry/articles/agony.html
ネット上には処刑を語る場がけっこうあって、ちょっと怖いですね。
それを読んでしまう私も怖いけれど。

ちやこ URL 2011.07.19[Tue]22:56:56 編集
ありがとうございます
教えてくださったページ 知りませんでした。
ここまで克明に解明されているなんて知らなかった。
掌じゃないんだ(聖人とかで掌から出血させてるのを何かで読んだので)
どちらかというと手首なんですね。
死因も窒息とは限らず心臓破裂もありうると。
痛み苦しみ共、これまでの想像を超えるものでした。
ゲッセマネの苦悩がやっと分かった気がします。

(ほらね。こういう風に新しいことだって教えてもらえるんだから
知ったかぶり じゃない 衒学もええやないかね)(独り言)

>体をバラバラにされて殺された子の歌(があったと思うけど)
だらしない男の話(部屋中に身体がばらばらに散らばっている)か
お母さんに殺され料理されてお父さんに食べられた子供の話か な?
手元に4巻までしかないので洩れているかもですが。
男の話の方は推理小説の題材になっていると思います。

>それにしても処刑って人間の残酷さをどこまでも晒してくれますよね。
処刑方法と魔女狩りの時の拷問のマニュアル、あと地獄絵図とか
人間の残酷さと想像力がフルに発揮されていてぞっとしますよね。
処刑方法では「全身金粉を塗る」ってのが一番印象に残っているんですが
実際にこれで処刑された人っているのかしら。

こういう話は知識としての情報と紙一重で
規制がかかっているわけじゃないのでちょっと怖いですね。
[2011.07.20 08:56]
忍者ブログ [PR]