忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[709] [708] [707] [705] [703] [702] [701] [699] [698] [697] [696]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝刊で映画の紹介を読んだ。

壊滅状態の世界を生き抜く父子の話。
話はその壊滅の日から始まり、
10年後から本筋となる。

その中で
スーパーで埃まみれになっていたコーラの缶を見つけ
という記述があった。
その発泡と味わった事の無いおいしさに息子が感動し
とある。
10年後のコーラってどんなんだろうと真剣に考えてしまいました。
そりゃ泥水に比べたらおいしいんだろうけど。
それともこれは近未来の話だろうから
缶詰技術も発達してて20年でも大丈夫になっているのか。
そうでないと困るよな いろいろ。


テスト週間が終わった。
「テスト中一度は八宝菜」という事になっている。息子。
バリそば である。
ひとりで焼きそば三玉分食べる。あればもっと食べる。
それだけ揚げるのも大変だが、八宝菜の方も大変である。
以前は大鍋で作っていたけどまずそうなんで
フライパンで二回に分けて出すようにした。

娘は大学生だし(テスト期間が重ならない)息子は男子高校生だから
もう勉強用おやつは作らないだろうと思っていたが
息子がミルフィーユが食べたいと言った。
ミルフィーユたって我流で パイシートの焼いたやつに
カスタードとホイップをサンドしただけの代物である。
バレンタインの時にはこれにチョコをかける。

先週はクッキーを焼いた。
おお振りのビデオ(12話はすごかった!)を見ながら
バターをホイップしたのですごくなめらかになった。
月曜日が八宝菜。
火曜日ミルフィーユを作ったらカスタードが余ったので
水曜日シューを焼いた。電子レンジのオーブン機能ではうまくいかん。

お菓子といえば先日娘が他人様にあげる目的でケーキを作ると言った。
我が家の中で一番台所から遠いところにいる女が、である。
怖いもの知らずだなあと思う。

私は基本、自分が作ったものを他人にあげたくはない。
ガキどもに食べさせるのは抵抗なかったが大人相手は嫌である。
子供は「友達と一緒に自分ち以外の場所で食べる」事が重要だから
味が悪くても構わない。
初めてスポンジを焼いた日に、たまたま公園から10人ばかり子供が来た。
パウンド型で焼いた長方形のケーキを12等分して食べさせた。
歯ごたえのあるケーキだった。

それよりはマシなものが作れるようにはなったけど
今の年齢になった子供の友達にそれらを食べさせる気にはなれない。

お菓子作りが好きなわけでもないしの。
娘もそうだが、他人様にあげる時だけ好きになるらしい。
こういうところ誰かさんそっくりで嫌だ(隔世遺伝)。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]