忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[728] [727] [726] [725] [722] [721] [720] [719] [718] [717] [716]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝一番で実家へ行く。日曜日に行けないのと、
ケアマネさんが来るというのでそれに合わせて。
前夜電話があったから
「折角同席して話をするなら 今後のことを相談したい。
あれから時間あったから少しは考えられたよね?」と言ったら
父は「そんな余裕はない」と切ってしまった。

どう切り出したものか、勝手に進めたらまた何を言われるか分からない。
しかしいざとなった時すぐに動けるように情報だけでも手に入れておきたい。
旦那に相談し、あれこれ考え、朝家を出る。

ケアマネさんが来る前に「帰ってくれ」と父に言われたが、
最低限「急な場合 臨時の受け容れは可能か」くらいは訊いておこうと
そのまま居続けた。
系列の施設との連携で何とでもなると言ってくれた。
特養の申し込みも、するだけしておけばと書類を用意すると言ってくれた。
老健やグループホームの話などいろいろ聞かせて貰い
ついでに病院の送迎サービスや訪問リハビリの話なども訊く。

その時その時の状況に応じていろいろ方法があると分かった。
もっとケアマネさんに頼ってもいいんだと思った。
そしたらすごく気が楽になった。
もうごろごろしている母を見ても「勝手にすれば?」と思える気がする。

……それがいい事とは思わないけど
毎回けんかしているよりはマシじゃないかしら。


午後ボーリングに行く旦那に、稲沢のSCに送り込んでもらう。
娘は前日はぱるこ、その日は名駅に友達と行っている。
うんうん 大学生らしくなってきたと、私は私で買い物を楽しもうと思ったのだ。
すっきりしたとはいえ、午前中に「鬼ばば」「役立たず」と言われたのは
やっぱり気持ちのどこかに残ってる。

旦那と待ち合わせの時刻を決め、携帯を借りてショッピングスタート。
大高の両親の喜寿のお祝いの小物(本当に小物)選びも加わって
二時間なんてあっという間かなあと思いつつ、
でも自分のペースで回れるのってやっぱ楽だなあと思いつつ、
娘がおしゃべりした店員さんのいる店は入りにくいなあと思いつつ。
そこ携帯が鳴る。
娘からであった。

「どこにいるの」「りーふ」「ずるい!」
…ずるいってあんた…
「お父さんにイオン系のどこか連れて行ってもらおうと思ったのにぃ」
…昨日と今日 あんた何やっとたんだね。

夕方家に戻り、出直す。
部活で疲れた息子をつき合わせるのはさすがに可哀想だったので
「ピザ宅配頼んでいいよ。M一枚食べられるでしょう」と言って置いていく。

娘に付き合ったつもりが
60%オフ さらに時間限定20%オフ!の店で見事にはまってしまった。
二人で7点買っても計9000円である。

さすがにすっきりしたぜ。

ひとりで買い物するのも気楽で楽しいけど
娘と回るのも悪いもんじゃないなあと思えた日であった。

帰りの車の中で「ピザ ちゃんと電話できたかなあ。
でもあいつのことだから高いからやめたってコンビニ行ってたりして。
だけど一年くらい前からピザピザって言ってたからさすがに頼んでるだろう」
「でもちゃんと一切れ残してあったりしてね」と喋っていた。
家に入って娘が笑い転げた。

まっくの袋が置いてあった。

……「だってピザ高いんだもん!」
不憫なやつ。


大高の喜寿の話は三男から出た。朝携帯に電話があった。
義母が今年喜寿の筈だと言う。旦那が指折り数える。
しかしああいうのって数えでやるんじゃなかったっけ。
そもそもお義父さんのはスルーしてる。
「お祝いって …花?」「現金がいいと思う。でも相場が分からない」
「現金は気を遣わせるから駄目だ」
少しばかりの現金じゃ意味がないし、さまになる金額じゃ確かに気を遣うかも知れない。
まあ そういうのは兄弟で決めればいいことだから。でも。
「孫からの手紙ってどうだろう。お義母さん 孫集めるの好きだから」

寄せ書きの方がいいのだが、当日色紙をまわしてたらバレてしまう。
それぞれ家で書いてきて袋か箱にまとめることにしよう。
(というわけで適当な手提げ袋か小物入れみたいなものを探した)

案の定息子は嫌がったが、「あんたは字が上手なんだから」とおだて
娘はそういうの決して嫌いじゃないから便箋だけ渡して。

忙しいと言いながらも書き始めると色を使ったり縁取りしたり。
「出来た! 力作!」
見てみたら。
「白寿まで元気で頑張って下さい」の白が『百』になっていた。
しかも喜寿と共に文字がレタリングしてある。ごまかしようがない。

ひんひん泣きながら書き直していた。
馬鹿な奴。

そして気がついたら夜の11時。
忙しい一日だった。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]