忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[892] [891] [890] [889] [888] [887] [886] [885] [884] [883] [882]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
土曜日旦那とランチに出る。
池下まで行こうと旦那は言ったが、
まだその気になれず(8000円はあてのもの 参照)
実家の父との昼食に適当な店はないかと
その下見に充てる事にした。

フリー誌で見て、ネットの口コミもまずまずだった
てんだあ亭。中村区。鳥居の傍。
だが全くの期待はずれだった。
あの口コミはなんだったんだろう。
1500円ほどのランチで、
魚は私はシーフードグラタン、旦那は鮭の明太子焼き。
シーフードグラタンなら普通にソースにも香りが移ってるものだが
何の味もしない。具を噛めば「ああ シーフード」だけど。
旦那の鮭を一切れ貰ったが、臭かった。
肉はハンバーグ。旦那はサーロイン。
それ自体はまあそこそこだったけど、つけあわせがなあ……

老舗だが何だか知らないが、内装も椅子もぼろ過ぎ。
それでおいしければ隠れ家的といえるが
あの味、しかもやたら混んでて落ち着かず、
こぎったいない店内が大衆食堂に見えてくる。
1500円出すならもうちょっとゆったりした気分を味わいたい。

対して本日の店。前に一度行ってここにも書いたが
1000円で、オードブル風サラダ、メイン、デザート二品にドリンク。
魚か肉かパスタか。ものによっては1400円くらいまで。

父はビーフとキノコのソース、オムライス。
旦那は牡蠣と小松菜のクリームソースパスタ。
息子はハンバーグ。私は鰆。

私は肉か魚かと訊かれたらまず肉を選ぶが
(前回ハンバーグがなかったのでスペアリブ)
その私が魚も試してみたいと思うほどである。

たったひとつ難を言えば給仕が少なくて
待ち時間が出来てしまうのと、なかなかおかわりが頼めないこと。
(パンとご飯はお替り自由である)
でも人件費が嵩めばこの金額での提供は不可能になる。
今だってどうやりくりしているのか疑問、てか不安だ。

てんだあ亭はテレビでとりあげられてるらしい。
結論、マスコミはあてにならない。
なんであそこがあんなに混むのか分からない。


実家の帰りに本屋に寄った。
エマ8~10巻を買ってしまう。息子にレジを頼む。
ワンピと一緒にお金を払ってた。抵抗ないのか。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]