忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[993] [992] [991] [990] [989] [988] [987] [986] [985] [984] [983]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今朝の新聞に親族優先の臓器移植が載っていた。
私はまあ身内にあげたいという気持ちは分からんでもないので
この制度は別にいいんじゃないかと思うが
今回提供者である母親が「腎臓のみ」「親族優先」両方にチェックした事に
ちょっともやっとした。
自分の娘も移植希望者で登録してある。
順番がきていたら母親のではなく、誰か他人の腎臓を貰っていた。
腎臓は心停止後の摘出が可能で
だったら眼球だってそうで。
どうして娘が必要としている「腎臓だけ」なんだろう?
腎臓は娘にあげるとしても、そして脳死段階での摘出は嫌だとしても
眼球とすい臓は提供したって構わない筈だ。
自分の娘が移植希望者なら提供を待つ人の気持ちわかるだろうに。
なんかな…… 


もう一個朝刊から。
中電や県が国に補助を要請。
なんか親の脛をかじりつくす馬鹿息子な印象なんですが。
「省エネ本部」って何ですかねえ。
役所や企業って何をするにも手順だの手続きだのうるさいんだね。
そんなんでお金使って 資料作りに資源使って あほらしいと思う。

東電に電気を送らなければならないのは分かる。
だけどもともと「そんだけばかしか送れないのか」という量だった。
どうしても無理なら関西から引っ張ってくる方法もあるし
だけどそれくらいの電力節電で賄えるんじゃないかなあ。
なんであんなに大騒ぎするのか分からない。素人だからか。

ちなみに我が家は中電の供給区域です。
電気代があがるのもしんどいけど、我慢します
って 「太陽光発電」の名目で上乗せされてる方にむしろ腹が立つんですが。

ついでに株主でもあります。
電力株は配当がおいしいです。
でも配当というのは業績に応じて配分されるものだから
赤字なら貰えなくても文句は言えないんじゃないのだろうか?
それと総会の前あたりだろうか、送ってくるカラフルな報告書だか冊子だか、
あれ要りませんから。あれだけでも結構な費用かかってると思うのよ。
潤いがなくなるのは寂しいけど、無配当でも別にいいです。
でも無配当で文句を言うのはきっと企業と投資家だよね。
だけど配当は保障されたものじゃない筈なんだけど 違うのか。
法律上どうなっているんだろう?
なんか私には廃炉を懸念してごねて見せているだけに思えるんだが。
素人だからだろうか やっぱ?


いや どっちの「もやもや」も狭い視野での事だから
「そうじゃないんだよ こういう事情があるんだよ」とか
「私はそうは思わない」ってあれば 聞かせて欲しいんだよな ほんと。
馬鹿のままでいるより、自分の馬鹿さ加減を教えて貰った方が先々のためだしさ……
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
無題
どうせ提供するならけちけちするな全部行け、気持ちだってわかるだろう? とはあまりに乱暴な思考です。
他の病者の気持ちもお考えならば、病身の娘を残して死なねばならなかった母親の無念や、娘を支えて生きねばならない(片方の腎臓を娘に提供済の)父親のさらなる責任の重さなども考えてみてはいかがでしょうか。
病者の気持ちを重んじる思考は結構ですが、臓器提供は提供者の意思が最優先されるべきものであり、何人であれああだこうだと言うべきではありません。
それほどに臓器移植は厳粛であるべき性質を持っています。
わんだつ 2011.05.09[Mon]16:04:50 編集
反論ありがとうございます
乱暴な意見だと言うのは尤もなんですが
引っ掛かっているのは「娘本人も移植希望者」だという事なんです。
誰かの臓器を求めるという事は間接的にせよ誰かの死を待つということで
そのこと自体を今ここで云々する気はないけれど
でも娘がそうであるならば
人の親として可能なものを全部提供したくなるものじゃないかと思うのです。
どうして生前に「あなたにあげるから」と
ドナーカードを見せておかなかったのかも不思議です。
(新聞には家族が探して見つけた とありましたよね)

>臓器提供は提供者の意思が最優先されるべきものであり、
そうですね。その点は言い過ぎたと思います。
でも必要としている者が一番にニーズに応える覚悟を示さないと
臓器移植は停滞のままだとも思うのです。

直接に鞭打ちたいわけじゃないんです。
欲しいと訴えるのなら、自分が差し出す覚悟も要るんじゃないかと。
身内だけが救われたらそれでいいという考え方では
親族優先のルールまでが批判されかねません。

提供者の意思が最優先というのは譲れない条件だけれど
今回の場合はどうしても「身勝手」という印象が拭えなくて
洩らしてしまいました。
理解と認識が二段階、三段階で進むのでもうちょっと考えてみますね。
考えるほどに答えが見つからなくなるのが臓器移植問題なんですが。

コメントありがとうございます。またいろいろご意見頂けたら嬉しいです。
[2011.05.10 10:11]
無題
死と言うものがすごく身近にあった時期がありまして、その頃日本で和田移植以降初めての心臓移植が行われたんですが、私アイスボックスに入った心臓が運ばれていく様子をテレビで見たとき、大泣きしてしまいました。
赤の他人なんだけど、すごく悲しかった。
「この人は死んじゃったんだ」って、なぜか悲しかったのを覚えています。
臓器移植ばかり新聞では話題になるのだけれど、その前の段階で、誰かがまだ利用できる体を持ったまま死んでしまったということなんですよね。
だからやっぱり難しいです、臓器移植。
中部電力はなんでもこれまで眠らせていた火力発電所を動かすそうですが、その燃料費が1日当たり7億円負担増だそうですね。
ななおくえんって・・・・・(@_@;)
これまでやたらに原子力を進めてきていた意味がこの数字を聞いて初めて分かりましたよ。
でもさ、浜岡が福島みたいになったら1日7億どころの騒ぎじゃないですもんね、
なにしろ中部には輸出系の大企業がそろってますからね、
一般避難者とそれら会社を保証するとなれば中部電力は大変なことになりますしね。
まぁ、なるようにしかならないと・・・(;一_一)
ちやこ URL 2011.05.10[Tue]00:32:05 編集
あのアイスボックスは強烈です
私の姉は病理解剖を希望して医学献体しました(遺体は戻ってきます)。
解剖まで冷蔵保存するのですが
最初に運ばれた先が、外国の刑事ものでみるような引き出し式ので
その部屋の殺風景さも重なってさすがにショックでした。
姉から直接依頼を受けていた主治医の先生が走り回って
最新の冷蔵保管庫を見つけてきてくれたので救われましたが。
臓器であれ病根であれ「もの」扱いはやめて欲しいと思います。

>その前の段階で、誰かがまだ利用できる体を持ったまま死んでしまった
脳死の場合特にそうですよね。
温かい身体にメスを入れるわけです。
そして心臓だけが生きている。死が引き裂かれたみたいで哀しいです。

死生観までも云々しなければならない臓器移植問題、重いです。
そんな選択肢もなかった時代に戻りたい。

>これまでやたらに原子力を進めてきていた意味がこの数字を聞いて初めて分かりましたよ。
燃料費だけ比較すればそうなりますが
原発にはそれ以外のお金が多く使われいます。
それだけに利益を得る人も増えるはずなんです。
施設費維持費使用済み燃料処理費全てを合算して発電費を発表して欲しいですね。

それに仰るとおり ひとたび事故になれば多額の費用が必要となります。
お金だけじゃ済まない。都心、中部圏、どれだけの避難者が出る事でしょう。
想像すると怖いですよね。
中電と利用者の努力で私は存外簡単に節電そのほか乗り切れると思いますよ。
[2011.05.10 10:09]
忍者ブログ [PR]