忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[777] [776] [775] [774] [773] [771] [770] [769] [768] [767] [766]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
海外から反発をくらう。
特に欧州連合は「自然は克服するべきもので 共に生きるものではない」と強調。
と新聞に載っていた。

卒論(古事記)で旧約聖書の創世記を読んだ。
アダムとイブがりんご(実際にはりんごではなかったが)を食べて
楽園を追放されたというくだり。

なぜ人間はエデンを出なければならなかったか。
旧約によれば「メシアは人から」と言う。
人類が進化し、その中から神に等しき救世主が現れる。
その時に人は真の楽園を手に入れるのか。
ならばなぜそもそもエデンを出なければならなかったのか。

私は
「最初の楽園は 人類の無自覚によって成り立っていた。
人間はこれを自らが主体となる天国を打ち建てるために そこを出て
独自の発展を目指した」と結論した。

一方古事記による創世記述は
その国土までが女神の身体を使って生み出されていた。
そして八百万の神。自然は神であり、人間はそれに抗わず調和する。

本と頭の中で練り上げた理屈だと思っていたけど
やっぱ西洋人は「自然を克服」しようとしているんだ!


余談。
水平思考(日本)、垂直思考(西洋)というけど
今思いついたんだが仏教思想でもそうかも知れない。

須弥山という垂直思考を
日本は浄土信仰によって「西方浄土」という水平思考に変化させてる。
根本的文化の違いというか世界観の違いは高い壁だ。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]