忍者ブログ
木の洞にひとりごと うろ覚えのうんちく うろうろと右往左往
[781] [780] [779] [778] [777] [776] [775] [774] [773] [771] [770]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
プロフィール
HN:
shin
性別:
女性
バーコード
アクセス解析
テスト中の息子は登校時間がいつもより遅い。
食事と着替えを済ませて自室で勉強していた息子が
娘と同時に部屋から出てきた。
左右一緒にドアが開いて、それぞれ出てくる様子は
どこかの寮生活みたいで面白かった。
ふたりとも大方の支度は済んでいるので、筆箱などを鞄に入れ
靴を履くだけである。
当然玄関に向かうのも同時になる。
「早く 出て行けよ」
「ブーツなの!」
ひとエレベーターずらしたい息子はじりじりしている。
電気代が勿体無いから一緒に乗って行けと言うのに。

反抗期だねえ。
息子の反抗期を娘が全部受けてくれているので楽である。
尤も一番依存していた相手に出るような気もするから
それだけ息子は姉の存在に頼っていた事にもなる。
実際親が何らかの理由で不在の時も
娘はプレッシャーを感じていたが、息子は姉にお任せで気楽であった。

夏の盛り。息子が何かを叫んでる。
こいつが怒りで声を荒げるのも珍しいなあと、内容に耳を傾けたら
「ドアぐらい締めて着替えろよ!」と言っていた。
「だって暑いんだもん!」
「半分締めるとか 陰になるところで着替えるとか あるだろ!」

娘がいないと息子が寛ぐのがよく分かるが、
それは姉の存在がでかいからだろう。
私なんてきっと空気なんだ。ちょっかい出すとうるさがられるけど。
PR
この記事にコメントする
NAME:
SUBJECT:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
忍者ブログ [PR]